♧COLNAGO 予約承り中

先日の水曜日はCOLNAGOを扱うNBSの展示会に行ってまいりました。 会場を訪れ先ず目に飛び込んだのは

V2-R DSC07720DSC07727V1-rのディティールをブラッシュアップして、更なる軽さと戦闘力を備えたレーシングモデルです。DSC07733 DSC07732 DSC07731 DSC07730 そして、言わずと知れた 続きを読む

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

お休みのご連絡
7月30日(日曜)は第二回JBCF椿ヶ鼻ヒルクライム参加のためお休みになります。
http://www.jbcf.or.jp/races/20170730_id=13728

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

NINER RTL9 RDO

レースにも出場するが、どちらかと言うとツーリングイベントや普段のファンライドを多く楽しんでいる。みたいなライダー諸氏がほとんどと思います。

四季を感じながらゆっくりとお気に入りのマイ・コースを走る。荷物を積んでふらっとツーリングに出たり、気になる横道が出現したら路面を気にすることなく、どんどん奥に進んで行ける。
そんな、理想的なこれからのバイクを納車させていただきました。

NINNER(ナイナー) RLT9 RDODSC07670フラットマウントのディスクブレーキシステムを用いることで、どんな条件下でも確実な、安心できる制動力が得られます。
これからのスタンダードになるであろうブレーキシステムです。DSC07681 DSC07682
主要コンポーネンツはお手持ちの部品を幾つか流用していただきつつ、Di2(電動シフト)で組ませていただきました。
この上ないストレ スフィリーな変速が約束されます。長距離のライディングではディスクブレーキと併せて疲労を軽減してくれるでしょう。DSC07675 DSC07678このRLT9 RDOはレースでも使える機材でありながらも、リアキャリアやフロントラックも取り付け可能なネジ穴が設けてあります。
本格的なツーリングバイクにも変更できるのです。一粒で二度おいしい(?)フレームですね。DSC07677 DSC07676BB、クランクキャップ、バーテープ、サドルとハブ
各パーツにライトブルー、ターコイズ色のアクセントを入れられるあたり、オーナー様のセンスがうかがわれます。DSC07683 DSC07674 DSC07673
走行感を決定的に決める足回りは
DT SWISSのアシンメトリック(左右非対称)のリムとChris Kingのハブで組ませていただきました。ブラックアナダイズにショットピーニング加工されたこのリムはチューブレスにも対応できる逸品でもあります。DSC07593 DSC07592DSC07589
N村様 ありがとうございます。
現時点で考えられる最高なフリーダムマシーンに仕上がったこと請負です。
奥様と思う存分、ツーリングを楽しまれてください。DSC07684 DSC07670

納車させていただくとき
この仕様のバイクがあったら他のバイクは必要ないな・・・
と思った次第です。

梅雨明けで

梅雨が明けて、日中は殺人的な暑さになりましたね。
昨日は平地メインのルートで70kmを12人ほどの参加者と走ってきました。
10時前にお店にたどり着きましたが、皆さん大汗をかかれてました。

DSC_0107

DSC_0107

ライド後の清涼飲料水が美味しかったことでしょう。
夏の暑いうちは早朝にサクッと走って涼むに限りますね。

お休みのご連絡
7月30日(日曜)は第二回JBCF椿ヶ鼻ヒルクライム参加のためお休みになります。
・http://www.jbcf.or.jp/races/20170730_id=13728

技術革新

この時期になると毎週のように展示会の案内があります。
時間や場所の都合上、全ての新製品展示会には出席できませんが、これは!と思われる気になった商品がある場合は遠方でも少し無理を承知で出席してます。DSC07623DSC07631 DSC07652 DSC07610 DSC07616 DSC07620

そこで感じるのですが、毎年々々技術の進歩は留まるところがないのだな・・・と。
特にここ数回の新製品展示会で気になったポイントは

・ディスクブレーキ
・スルーアクスル
・チューブレスリム

この、三点です。言葉だけ見れば昔から存在する技術と思われますが、より使いやすく細部がブラッシュアップされ、今まで躊躇(懐疑的な)していたユーザーもこれならば使ってみたい!思えるような製品に仕上がってきてます。DSC_0095 DSC_0098
今月の各自転車雑誌に特集されている新しいチューブレスシステムは
タイヤレバーを用いず素手でリムからタイヤを脱着できてフレームポンプでもビードが上がるほど秀逸な出来になっていました。
合わせて ENVE Road Disc Fork Speed Release Thru-Axle
スルーアクスだが誰でもが容易に外せて、確実に固定力を得られる新システムでした。DSC_0102ENVE_SpeedRelease_RoadDiscFork_2_Lo-800x532 ENVE_SpeedRelease_Action_3_Lo-800x532
技術革新は留まるところをしりません。
皆さんが思った以上に早く、これらの技術は自転車へ採用されてゆくことでしょう。
より良いユーザーフレンドリーな乗り物として。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

7月23日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆23
日(日曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会  
対象者:中級者~
走行距離:70㎞程度、玉名~南関方面の平坦コース
予定コースは こちら になります。

暑くなる前にサクッと走りましょう!

暑くなりました

昨日のショップ練は60km足らずで1000m以上上る、山岳コースでした。
暑くなる前に出発しましたが上り始めるとジリジリと太陽が照り付けだし、汗だくになる走行会になりました。
SHIM0027 SHIM0030この猛暑にもかかわらず12名ご参加くださり、ありがとうございました。
明日も上り中心のショップ練ですが、宜しくご参加ください。

走った後は冷えたドリンクが喉を潤します。

ヒルクライム三昧

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

7月17日(月曜)祝日はショップ練をおこないます。
◆17
日(月曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会  
対象者:初級者~
走行距離:50㎞程度、甘木山~清水山方面

コースの予定コチラになります。
状況に応じて変更の可能性があります。

初めて、甘木山と清水山をコースに組み込んでみました。
のんびり上りますのでお気軽にご参加ください。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

7月15日(土曜)はショップ練をおこないます。
◆15
日(土曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会  
対象者:中級者~
走行距離:60㎞程度、獲得標高1200m(玉名~南関山岳コース)

コースコチラになります。
今月末のヒルクライム大会にむけての調整にもどうぞ!

Kargo Cage

コロラド州 デュランゴより手作りのケージ King Cage が入荷してまいりました。
今回 入ってきましたのはKing Cageのなかの Kargo Cage(カーゴ ケージ)です。
DSC07577このKargoCageは、一般的なボトルケージとしての役割だけでなく工具などを入れるポーチも携行できる、まさにカーゴとしての役割も併せ持ったアイテムになります。DSC07579 DSC07578付属するポーチは2サイズ、小振りなRoad用とそれよりも少し容量が大きいMTB用との2種類から選択して頂けます。ポーチは耐久性の非常に高いバリスティックナイロン製となっています。

取り付け方は簡単、ポーチの裏面のタブをボトルケージと一緒に共締めするだけです。取り外しはホック式になっています。DSC07582DSC07581
収納もスマートに!
Kargo Cageと一緒に旅に出てみたくなるアイテムですね。ミレ●Kargo Cage Road 価格:7,344(税込)
●Kargo Cage MTB 価格:7,344(税込)