注目

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。
1月21日(土曜)、22日(日曜)は中国シクロクロスに参戦のためお休みします。
・21日(土曜)お休み
・22日(日曜)お休み
 ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いします。
中国シクロクロス 第6戦広島宮島

 

パワートレーニング応援キャンペーンのお知らせ

昨年に引き続きパイオニアがまたまた頑張ってくれます。
期間限定ですが、パワートレーニングスタート応援キャンペーンが始まります。
キャンペーン期間:2017年1月20日(金) ~ 2017年3月21日(火)

ペダリングモニターセンサー(L)「SGY-PM910VL」 いわゆる左側のセンサーが通常価格 74,800円(税別)のところが期間限り59,800円(税別)でご提供できます。
それに、な、なんと取り付け可能なクランクが デュラエース、アルテグラに加え
現在お使いのシマノ製105クランクに対応もしているのです!
このチャンスを逃す手はないですよね!!

キャンペーンに伴い「迷わずすぐに始められるトレーニングメニューを提案」サイトもオープンされています。
幾つかの質問にお答えいただくと、お客様の抱えている課題と解決案を商品とともに分かりやすく解説してくれるサイトです。
どうぞ試してみてください↓
http://check.cyclo-sphere.com/無題

第3回 阿蘇サイクルコンソーシアム

昨日は阿蘇市役所内牧支所にて
第3回 阿蘇サイクルコンソーシアムに出席してきました。DSC_09202一連の会合は今回で最後になります。最終回の今回は

1.モデルコースモニターライド)並みのコース、一の宮コース)の報告
2.サイクリストニーズと課題に対する意見交換
3.来年度以降の事業推進体制について
4.その他/連絡事項

と、今までの取り組みの総括する議題でした。DSC_0921
今、阿蘇地域は自転車(大きな意味での文化)を地域活性の一端を担うことができる事業としてとらえています。正直、現段階ではベースのそのまたベースを作り上げることに集中されています。一般のサイクリストが喜んで飛びつくような事業、イベントの開催は難しいかもしれません。しかし数年後(ひょっとしたら来年?)何か立ち上げられるかもしれません。
サイクルカルチャーが阿蘇地域に根付いて、自転車の聖地と多くの人々が感じられる日が訪れた時、
「あ〃、あの日があったからこそ、今の阿蘇があるんだ!」と思える日が来ることを願って止みません。16112674_966107420199591_8592423689453174109_o

Mag-on

暫く切らしておりましたが、
闘い続けるアスリートの水溶性マグネシウム「Mag-on」入荷してきました!

激しいトレーニングで必要なエネルギーと発汗で失われるマグネシウムを効率的に補うことができるエナジージェル Mag -on
携帯に便利な小袋になっておりバックポケットにすっぽり収まります。
癖のないUme FlavorとGrapefruit Flavorを準備いたしました。
Mag-onエナジージェル:価格 302円(税込)

もう一つは
毎日のトレーニングやレースでの発汗、ストレスなどにより失われる必須ミネラル「マグネシウム」を急速チャージできる、アスリート向けのサプリメント
Mag-on顆粒タイプ。通常は一箱(8包入り)となっていますが、お試ししやすいように一包でも販売いたします。
Mag-on顆粒タイプ(8包):価格 2,160円(税込)
Mag-on顆粒タイプ(1包):価格 270円(税込)

DSC06621どうぞ闘い続けるアスリートの水溶性マグネシウム「Mag-on」お試しください!

寒風に負けず

今年一番の寒波が到来している今日、今年最初のショップ練ロングに行ってきました。
あまりにも寒いからでしょうか?
いつもよりちょっと少な目の7名で走りだました。 SHIM0016SHIM0023初めてのショップ練参加の方がいらっしゃいましたが、ベテランサイクリスの手助けもあり、SHIM0025快調に距離を伸ばし、金峰山のふもとへ到着。
SHIM0031それぞれのペースで山を上った後は、再びグループライドで先頭交代。
寒風が行く手を阻みますが、皆で互いに助け合うと頑張れますね。

お互いに風よけになり無事にショップまで戻って来ることができました。
SHIM0034参加いただいた皆様、お疲れ様でした。
まだまだ寒い日が続きそうですが頑張って乗り込んで行きましょう!

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

寒波が到来してますが、寒さに負けてはいられません!
1月15日(日曜)はショップ練ロングをおこないます。

◆15
日(日曜)、当店7時集合~12時終了 ロード走行会  
対象者:中級者~
走行距離:95㎞程度(長洲~玉名~熊本市河内方面)

コースの詳細はこちらになります↓
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=a10275ba5debc60357777eb487957c01

Campagnolo FULCRUM 講習会

昨日は店休日を利用して、福岡にてカンパニョーロとフルクラムの講習会に行ってまいりました。DSC06596カンパニョーロのミドルグレードながら優れた操作性を示すPOTENZA(ポテンザ)の扱いを中心に、新しくラインナップされたフルクラムのホイール群の詳細を確認することができました。DSC06578DSC06590
DSC06588巷ではまだまだディスク装着のロードバイクは稀ではありますが、ホイールメーカーはいち早く市場のニーズに応えるべくミドルグレードのコストパフォーマンスが高いモデルやハイエンドモデルを既にラインナップしつつあります。
DSC06584一般ユーザーが使用するには天候に左右されず圧倒的制動力があるディスクブレーキシステムは今後広がってゆくと予想されます。
その点では先んじてホイールメーカーが様々なグレードを先に準備してくれるのはライダーとしては安心できますね。

あなただけのホイール

おかげさまで毎月のように手組のホイールのご依頼をいただいております。

手組のホイールのメリットとして

・ご予算に合わせたホイールができる
・ニップル、スポークのカスタマイズが可能
・修理が容易
・スペアパーツがすぐに手に入る
・乗り心地を調整できる
・コストパフォーマンスが高い

と幾つも上げることができます。
例えばカスタマーT様のホイールですが、前後重量はdsc06418 dsc064201371gと軽量に仕上がっており、回転性の肝になるハブはShimano DURA-ACE9000系を採用しておりdsc06425スポークはSAPM CX-Rayとニップルはお好みのブルーを配色dsc06426とあるメーカーのC24よりも軽量で同等の回転性能を持ち、これで8万円を切る価格にて仕上げさせていただきました。
高性能なタイヤをチョイスいただき、漕ぎ出してすぐにその軽さに驚愕され大変喜ばれてておりました。



さて、次は手組ホイールのコンバージョンの容易性です。
昨今のMTBフレームはスルーアクスル化は基より、ハブ軸の幅がBOOST規格ブースト規格)に移行しつつあります。BOOST規格とは前ハブが110mmで15mmスルーアクスル、後ろハブが148mmで12mmのスルーアクスルになっいます。
現時点でホイールメーカーはMTBにおいては26インチ、27.5インチ、29インチが存在しているので、全ての要望に応えるラインナップを揃えきれないでいます。

そこで手組のホイールの出番です。
以前納めさせていただいたクリックレリースタイプのハブからBOOST規格のハブにさくっと組み換えさせていただきました。dsc06110既に販売されているXTRのBOOST規格ハブ。以前のそれと比べると形状とアナダイズ処理が素晴らしくクオリティーが増しています。これだけでも惚れ惚れですね。
dsc06381 dsc06382
dsc06378U様 ありがとうございます。

このように手組ホイールはお客様の要望に柔軟に対応できます。
もちろん完組ホイールには完組ホイールの良さがあり、手組ホイールが出せない性能を示せますが、
手組ホイールもそれに負けないメリットが幾つもあります。
どうですか?貴方も拘りの愛車に貴方だけの拘りのホイールをチョイスされては?
ご予算や、使用目的に合わせて仕上げさせていただきます。

シーズン イン前にBIKE FIT

昨年ですが、年末の慌ただしい時期にもかかわらずお客様にお時間を割いていただきBIKE FITを承りました。
数時間かけてわざわざ朝早くご来店下さることから、サイクリスト(お客様)の悩みの深さや、真剣度が伝わってきます。dsc06459

当店のBIKE FITは初級者はもとより上級者まで幅広くご満足いただける内容であると自信を持っております。

先ずはボディーアセスメント、ヒアリングを行いお客様の求めるべき適正のフォームに近づけてゆきます。ロングライド向けフォームなのか? ヒルクライムのフォームか? その他、目的によってポジションは全く違ったものになるからです。

より快適に、より力強くを念頭に更にフィティングを進めてゆきます。
ゴニオメーターや内反測定器、レーザー照射器を用いポジションを導きだしてゆきます。しかし、意外に思われるかもしれませんがポジションを決定してゆくうえで重要な要素の一つはライダーのフィーリング(と考えています)です。dsc06456プロのようなカッコいい(?)ライディングフォームになったとしてもサイクリストがストレス、違和感を持ったままライディングしては本末転倒だからです。

大まかな詰めてゆくフィティング項目は以前紹介したようなところです。
フィティング項目

全体のフィティングを終えた後は
ここからが当店が得意とする、どんなレベルのサイクリストにも共通する体の使い方、パワーを生み出す身体(エンジン)のフィティングへと進んで行きます。
フィティングは基本的に、より良いライディングのポジションを導きだすものですが、いくら最適なポジションになったとしても(最適なポジションを真似たとしても)ライダーがどの部位の筋肉を使って姿勢と動作を作り出しているのかが重要なところなのです。%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e6%a7%98%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e6%97%a5%e9%ab%98%e6%a7%98%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89
形だけ真似しても中身(身体)が伴っていないと上辺だけのフィティングになってしまいます。ライダーが使うべき筋肉を使うべきタイミングで適切に使えるようになってこそ当店が提唱するフィティングと言えます。

ペダリングモニターシステムや補助機材を用い、ご依頼いただいているライダーがより良い体の使い方ができるようご提案しております。

来シーズンに向けてご自身のポジションを今一度見直されてみては如何でしょうか?クロスロードバイシクルが提唱するBIKE FITのご依頼、お待ちしております。

今年最初のショップ練

今朝は今年最初のショップ練でした。
大牟田市、特にお店近辺は路面が濡れており、早朝は薄暗く走るにしてもあまり良くない状態でした。shim0007 shim0008参加者は少ないかな・・・と思われましたが、
元気な9名の参加者があり、まだ薄暗いなか出発してゆきました。

長洲、玉名方面に着くころには路面も乾き追い風で高速走行。

今回は中級者ということで、参加者の脚が揃い、思った以上に速く快適なライドとなりました。shim0011 shim0012今年もガンガン元気に走ってゆきますので、どうぞご都合が合う方はショップ練にご参加ください。