積雪ライド 調査

今年の冬は本当に寒いですね。

来るべき日に向けて『積雪ライド』の調査にいってきました。昨年の暮れからの雪が思った以上に積もっていて目的の半分までしか到達できませんでしたが、九州では考えられないくらいの雪を楽しむことができました。 少し暖かくなってからはこの時期にしか味わえない特上の積雪ライドを企画しますのでご期待ください。

BONT BONT BONT

オーストラリア発のスポーツシューズブランド BONT を納品させていただきました。
 BONT
は他社とは異なる製作方法を採用しています。他社製品のほとんどは既成の靴底に既成のアッパーを糊で合わせて作られており、結果として二つの異なるパーツでできていて、履き心地に一体感を損なっています。 BONT  では内側から外へ向かってシューズを造り上げていきます。各部がエポキシ樹脂を使ってラミネートされ、モノコック構造、つまり外皮にも応力を受け持たせることで強度を高める一体成型になっているのです。

手に持つと靴底もさることながらつま先、ヒールの剛性の高さ に驚かれることでしょう。木靴と言っても差支えが無いような硬さです。しかし、この BONT が優れているのはカスタムフィットが可能なこと。熱を加えると特殊樹脂の部分が柔らかくなりご自身の足にオーダーメードのごとくフィトします。しかも具合が悪いと感じたら、何度も熱成形が可能なのです。その剛性とは相反するように軽量に仕上げられています。
高剛性で軽量、オーダー品のようなフィティング感。ダイレクトな履き心地が無駄なく貴方のパワーをペダルに伝達します。
どうぞ、お試しください。
https://bont.jp/

Kanzo A 入荷しました

自転車競技を国技とするベルギーで誕生したRIDLEY(リドレー)
m
平日は通勤や通学に使用し、週末は思い思いにサイクリングを楽しむことができる。ときにはシクロクロスなどのレースイベントにも。

汎用性が高く、マルチパーパスに使える一台。それが RIDLEY の Kanzo A です。RIDLEY Kanzo A 販売価格:210,000円(税別)
扁平させ湾曲したテーパー形状のトップチューブは ヘッド回りの剛性と振動吸収性を高めることに貢献してます。油圧ディスクブレーキは気象条件に関係なく安定した制動力を発揮します。
フロントフォークやフレームにマウントを装着できるようにネジ穴があり、フェンダーやキャリアを取り付けることが可能です。
ハンドルは下側に若干広がる末広がりのフレア形状。
オフロード時の暴れるハンドリングを抑え込むのを手助けしてくれます。

RIDLEY Kanzo A 販売価格:210,000円(税別)

2020年の当店の営業は本日までとなります。
年明があけて2021年は1月4日(月曜日)から営業いたします。

本年は最終日まで多くのお客様にご来店いただき、まことにありがとうございました。2021年も引き続きクロスロードバイシクルをよろしくお願い申し上げます。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

~年末年始の営業日~
◆28日(日曜)17時まで営業
◆12月29日~1月3日 6日間 年末年始休暇

 

師走にもかかわらず

2020年最後の月、せわしない師走にもかかわらず多くの納車、納品をいただき誠にありがとうございます。全てはご紹介できませんが

2021年モデル発表直後の9月にご注文いただきましたが、納期が伸びに伸びて12月までお待ちいただきました。MERIDA RIDE80   H田様 ありがとうございます。 ランニングを頑張られている方が冬場のクロスとレーニングのためにご購入いただきました。GUSTO RCR DURO TL H本様 ありがとうございます。
ご一緒に走る日を楽しみにしております。 通勤用に快適で乗り心地が良く安心できる自転車をお探しでしたので、グラベル系の FELT BROAM をご紹介させていただきました。N原様 ありがとうございます。
通勤以外でもぜひロングライドを気ままにお楽しみください。 もともと別のブランドのフレームをご用命いただいていましたが、昨今の状況で生産が伸びに伸び、あまりにもご迷惑をおかけするのでご相談させていただき MERIDA REACTO 8000 FRAME SETに変更いただきました。
ポジションが固まるまではハンドルは仮付けですが、ポジションが決まられたらご来店いただきフレームに適したエアロハンドルに換装される予定です。
N川様 ありがとうございます。

2021モデルとして Wilier が投入したフラッグシップモデル:ゼロSLRのテクノロジーを継ぎこんだ新世代のゼロシリーズ Wilier Zero SL を納車させていただきました。
本来ワイヤー式のシフトチェンジ仕様をご要望でしたが、こちらの諸事情により 電動シフトのアルテグラDi2 で組ませていただきました。
K原様 ありがとうございます。

春先にかけては全世界的な自転車需要の増加と生産体制の遅延が重なり、スポーツバイクをお求めのお客様にはご迷惑をおかけすることが多いと思われますが、クロスロードバイシクル 可能な限りご要望にお応えできるようにご対応とご提案をさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

今年最後の

今年最後のショップ練でした。
暗く冷え込んだ早朝にもかかわらず、いつものようにお集まりいただき元気に60kmほど走ってきました。 2020年は明日(28日)までの営業となっております。
お急ぎの方はお早めにご来店ください。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

12月27日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆27日(日曜) 当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:級者~
・走行距離:60km程度 (三加和、菊水、玉名)
お気軽にどうぞご参加ください。

※参加料を100円いただき、ライド後のお茶とスナック代といたします。

SCALE eRIDE 試乗車 整いました

近年、欧米で急速に広がりを見せているE-BIKE(電動アシスト自転車)市場。
日本においてもリクリエーションや自転車イベントで使用されることも多くなってきました。
ただ、一般的には数十年前から存在しているいわゆるママチャリ風の電動自転車を目にすることはあっても本格的なE-BIKEに触れる機会は未だ少ないと感じています。
いったい、どんな乗り心地なのだろう?
その走行フィーリングや巡行速度、走行距離は?
そんなE=BIKEを気になってらっしゃる方々に、当店では SCOTTのE-BIKE 「SCALE eRIDE」を準備いたしました。大まかな特徴 スペックとして
本格マウンテンフィールドからアーバンユースまで。幅広く活躍可能なハードテイルバイク
・Fサスペンションは120mmトラベルと十分な容量を持ち、あらゆるオフロードシーンに対応
・BOSCH製ドライブユニットの最新モデル「Active Line Plus」を採用
・ECOモードにて100~110km、TURBOモードにて40~50km走行可

いかがでしょうか、SCOTTのE-BIKE 「SCALE eRIDE」店頭に準備しておりますのでご興味がある方はお気軽にお問合せ下さい。