注目

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

4月28日(金曜)は所用のため16時までの営業になります。
ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願いします。
4月29日(土曜)はショップ練をおこないます。
◆29日(土曜)、当店7時集合~12時終了 ロード走行会
・対象者:中級者~
・走行距離:100㎞程度(金峰山方面の平坦路~山岳コース)
予定コースは こちら になります。

ウィリエール・セライタリア ジャージ

超ド派手です。(笑
UCIプロコンチネンタルチーム、ウィリエール・セライタリアのチームジャージが入荷してきました。ジャージはクオリティーも確りしたPISSEI社になります。DSC07399wilier5月5日開幕、第100回を迎えるジロ・デ・イタリアにウィリエール・セライタリアがこのチームジャージを纏って出場します。これは応援するしかないですね!
・サマージャージ 価格:15,228円(税込)
・ビブショーツ 価格:14,364円(税込)
・サマーグローブ 価格:5,076円(税込)

ジャージと同じタイミングでBikeの方も入荷しました。
こちらは日本国内50台限定のカラーです。DSC07411 DSC07412 DSC07413 DSC07414昨今、艶消しのカラーが流行のなか、ビビットなカラーがウィリエールらしさを引き立てています。レースにもツーリングにも使える46T/30Tカーボンを使用しており、バランスのとれたフレームになっています。
2017 wilier GTR team 限定カラー 価格:280,800円(税込)

どうぞ現品、現車をお確かめにご来店ください。

写真で綴るRapha Prestige Kuju

Rapha Prestige Kuju それはフツーのレースとは違う、サイクリングとも違う自転車のイベント(祭り)である。日本各地から熊本県小国町へ30チームが集い、壮大な阿蘇、九重地域を駆け抜けたEpic-rideだった。

5人1組でチームをつくりオーガーナイザーが指定したコースをたどらなければいけない。今回準備されたコースは距離140km、獲得標高3500mと数字を見ても過酷なことが予想された。しかもそれに加えグラベルと呼ばれる未舗装路が含まれているので過酷さが一層増す。過酷さが増せば増すほど、チームは纏まり完走を目指す。初めて目にする雄大な風景と一筋の道がライダーを先へ先へと駆り立ててゆく。
そして、Rapha Prestige Kuju は順位が重要ではなくチームが一丸となって完走を目指すことが重要だ。
走り切った者は皆、勝者だ。そんなコースがRapha Prestige Kujuでした。

DSC_0009 DSC_0013 DSC_0018

DSC_0019 SHIM0001 SHIM0007 SHIM0014 SHIM0010 SHIM0019 SHIM0023 SHIM0024 SHIM0027 SHIM0032 SHIM0034 SHIM0037 SHIM0038 SHIM0045 充実感SHIM0061 SHIM0064 SHIM0069 SHIM0074 SHIM0075 SHIM0076 SHIM0079 SHIM0081 SHIM0088 SHIM0095 SHIM0098 SHIM0100 SHIM0101 SHIM0109 SHIM0112 SHIM0118 SHIM0120 SHIM0124 SHIM0125 SHIM0126 SHIM0127 SHIM0129 SHIM0130 SHIM0132 SHIM0139 SHIM0142 SHIM014417952554_789815284501896_2898652937547489084_n 18058050_789815327835225_6960966028099237330_nSHIM0147 SHIM0148 SHIM0150 SHIM0152DSC_0029 18121363_1377037192334322_6381252236770913793_o30チーム中、4番目のタイムでゴール。早さが重要ではないが、素直に嬉しい。
仲間と走り切った後の充実感は何物にも代えられない宝物としてそれぞれの胸の中に刻まれるでしょう。
DSC07388
もっと良くRapha Prestige Kujuの雰囲気を感じたい方には
写真に特化したSNS Instagram にて参加選手達の思いがこもった写真が掲載されています。ぜひ Instagram にて #rpkuju で検索してご覧になってください。
Rapha Prestige Kuju と選手達がが創り出す世界観に魅了されること請け負いです。

やっとお渡しすることができました。

幾つかの事情が重なり納期が大変遅くなりました。
当店オリジナルの手組ホイールを納品させていただきました。DSC07383
普段にも、イベント時にも使えるホイールをとのご相談でしたので、私が普段好んで使っている手組ホイールを試しにお使いいただいたら、すぐに『これと同じ仕様でお願いします』と承ったものでした。

それから数カ月。やっと部品が全て揃い完成と相成りました。DSC07377 DSC07376手組のホイールはビルダーの腕が試されます。お客様の好み、用途、予算をくみ取り、
そして最も重要な要素の一つは組み付け制度でしょう。
ホイールは縦振れ、横ぶれ、全てのスポークテンションがバランスを取り合って成り立っています。
同じように組んだとしても組み付けバランスが取れているモノと、そうでないモノでは使ってゆく内に大きな違いが生まれてきます。
振れ取台とダイヤルゲージ、スポークテンションメーターを用い、それぞれ限りなく調和を取ってゆきます。DSC07373
自分自身で納得したところで、やっと自信を持ってお客様にお渡しできるのです。
S富様 大変お待たせしました。ありがとうございます。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

次の金曜、土曜は Rapha Prestige Kujy 参加のため
下記のような営業になります。
◆21日(金曜)15時頃まで営業
◆22日(土曜)お休み
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

4月22日に世界的サイクリングアパレルブランドRaphaが企画するサイクルイベントRapha Prestige Kujyu(ラファ プレステージ クジュウ)が熊本県小国町を起点に久住阿蘇方面で開催されます。このイベントはチームタイムトライアル形式で制限時間内に決められたルートを走破する必要があります。コース距離は150km、獲得標高は3000m。アスファルトだけでなくグラベル(砂利道)も含まれる超ハードなコースが設定されています。
全国各地から30チームが招待され、私達も練習中間である Mercredi(水曜会)の精鋭メンバーで挑んできます。
応援宜しくお願いします。
Rapha Prestige Kujyu
http://pages.rapha.cc/ja/prestige/rapha-prestige-kuju17951884_1217267371705709_361604953477967154_n

あったかくなりました

数日前の花冷え、そして長雨とは打って変わり、今日は汗ばむほどあったかくなりましたね。
待ちかねたように多くのお客様にお集まりいただき、日曜の交通量の少ない快適な道路を皆さんでサイクリングしてきました。SHIM0001 SHIM0003 SHIM0006 SHIM0010今回は一年近くショップ練に参加されていなかった方もご参加いただき、リハリビ宜しくゆっくり、のんびり、着実に走られていました。
暫くのブランクでも思った以上に走られていたようで安心されていました。

さぁ、これから陽も長くなりサイクリングには絶好の季節です。
皆さんのご参加をお待ちしております。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

4月16日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆16日(日曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~
・走行距離:60㎞程度(長洲~玉名~南関の平坦路)
お気軽にご参加ください。
予定コースは こちら になります。

Teams of Kyushu (チームズ・オブ・九州)

期間限定で世界的サイクルアパレルブランド Rapha のポップアップストアが福岡市中央区清川にオープンしています。
そのRapha福岡で4月15日と16日にTeams of Kyushu (チームズ・オブ・九州)と銘うってイベントが開催されます。新旧問わず、九州各地から130以上のジャージが集まりつつあります。

主催者の言葉を借りるなら
九州で活動するすべてのチーム、すべてのサイクリストが、九州のサイクリングカルチャーを作り出しています。世界的に見ても、サイクリングに適した土地柄と言える九州全域のジャージを展示することにより、九州のサイクリングカルチャーを ビジュアライズさせ、新たなコミュニティの形成を生み出せればとの思いで、このジャージ展を企画しました。展示方法は集まったジャージの数によって流動的になりますが、できるだけ沢山のジャージを優劣なく展示する予定です。ジャージ一つ一つのデザイン性を愉しむことはもちろんのこと、展示されたジャージの全てで、一つのアート作品になるような展示を目指しています。

そんなイベントに少しでも役に立てればと昨日、関わりのあるジャージをお願いしてきました。DSC_7368平日の昼間ではありましたが数名のサイクリストとお会いし、よもや話から自転車の話まで話題が盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。DSC_7380Teams of Kyushu (チームズ・オブ・九州)、本番の15日と16日は九州各地からサイクリストが集い壮大なイベントになることでしょう。楽しみですね。
 Rapha Fukuokahttps://www.facebook.com/RaphaFukuoka/?hc_ref=SEARCH

 

南が熱い

サイクルシーズン真っ盛りですね!
南の方から新たなサイクルイベントの案内が届きましたので掲載いたします。
◆鹿児島サイクルフェスティバル
鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリーDSC07366これから開催される幾つかのイベントを並べてみました。
全部参加したいですが、ちょっと無理ですね。。。
先ずは今年前半の目標『壱岐サイクルフェスティバル』へ向け頑張って練習してゆきます。

◆4月16日(日曜) 吉無田マウンテンバイクフェスタ
◆4月22日(土曜) Rapha Prestige Kuju
◆5月5日(金曜 祝日) 鹿児島サイクルフェスティバル
◆5月7日(日曜) セキアヒルズカップMTB2時間耐久
◆5月21日(日曜) 鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー
◆5月27日(土曜) オール九州3時間耐久ロードレース
◆6月4日(日曜) 壱岐サイクルフェスティバル

時代の最先端? 

これから多くの人に受け入れられていくであろう仕様のロードバイクを納めさせていただきました。DSC07351DSC07358 DSC07359ツール・ド・フランスなどの自転車競技で使われているロードレーサー(ちょっと古い言い方かもしれませんが・・・)はトッププロが駆る速く走る、ゴールを一番で駆け抜けるための最も優れた機材と言えます。自動車に例えれば極端ですが F1 と言っていい代物です。そのトッププロが乗っているF1マシーンを資金さえあれば誰でも購入でき、気軽に公道を走行できて普段では味わえない風を切って進む感覚を得れるのもロードレーサーの魅力の一つでしょう。
しかしそのF1(ロードレーサー)は万人にとって良い代物と言う訳でではありません。雨の日のブレーキング性能、下りでのコーナーリング、走行時の快適性、安定性。大多数の一般の方に重要なのは速さよりも安全性や快適性が重要になってきますよね。
そこで、今、業界が動きだそうとしているのが太めのタイヤにワイドリム、そしてディスクブレーキの流れなのです。DSC07356 DSC07357
リアルなレースシーンにおいてはディスクブレーキのリスクが大きく取り上げられていますが、一般の方が広く、永く使おうとすると太めのタイヤとワイドリム、ディスクブレーキは甚大なる恩恵を与えてくれます。
F1マシーンのロードレーサーより万人がより良く快適に使用できるロードバイクを推進し始めているのです。現に欧米ではロードバイクに太めのタイヤを履かせディスクブレーキ仕様のグラベルロードと言う分野が確立されていて人気を博しています。
気楽にアスファルトをクルージングでき、気になる小道があったらふらっと入り込んでいける、たとえそれが砂利道や未舗装路であったとしても。

今回、納めさせていただいたのは COLNAGO WORLDCUP(シクロクロス車)ですが、オナー様のご意向によりブロックタイヤから、よりエアボリュームがある35Cのブロックノブが低いGravelKING SKに替えさせていただきました。DSC07352アップライトなポジションと相まって気楽にのんびり乗り込むには最良の仕様になっています。
いかなる条件でも快適に進め、安心して止まれる。これから数年後にはディスクブレーキにワイドなタイヤがもっと認知されてゆくことでしょう。
I村様 ありがとうございます。DSC07353
最初の一台としたら申し分ない先進的な組み合わと、自信を持ってお楽しみください。