写真で振り返る2018 九州 Heaven Ride①

今年も無事に終えることができました『九州 Heaven Ride』
既に一部の参加者からは来年が待ち遠しいと声が聞こえてきます。それだけ参加者達にインパクトを与えたイベントなのでしょう。

今年のコースは走行距離120km、獲得標高は3000mと数字だけみてもハードさがうかがえます。それに加え3カ所のグラベル(未舗装路)区間が組み込まれ、一部ヨーロッパの旧市街を彷彿とさせる石畳区間を加えました。例年にも増して過酷を極めていました。
しかし、幸いだったのは天候でしょう。12月とは思えない暖かな天候に参加者は救われたようです。

写真中心になりますが、2018 九州 Heaven Ride を振り返ってみたいと思います。

イベント前日の土曜のウェルカムパティー 九州のみならず、関西や関東からもこのためだけに来訪くださる方も。
そして今年もスペシャルゲストとしてグリフィンの狩野GMと、ヨーロッパで活躍されている牧瀬つばさ選手にもお越しいただく。
初めての試みとしてエレクトロニカデュオユニット LaTICA(ラティサ)によるライブ演奏がおこなわれた。明けて2日、
朝暗い早朝より参加者が集まりブリーフィングの開始。ルートの説明、注意事項のインフォメーションを聞き漏らさないように皆真剣な表情だ。スタートは19チーム。一斉にスタートではなく、チームの走力に合わせて3分毎にスタートしていく。 スタート後、直ぐに小国町独特の林道へ突入。舗装はされているが落ち葉や木の枝が散乱しており、気が抜けない。 湯煙がたなびく温泉街を抜けて進むと、今回初めてのグラベル(未舗装路)が参加者達を待ち受けていた。運が悪く、木の枝が車輪に巻き込み走行不能になる参加者も。メンバーの応急処置によりなんとか次のチェックポイントへ向かう。グラベル走行は初めての参加者は自転車を真っ直ぐ走らせるだけでも手こずっているようだ。

最後尾のチームが制限時間ギリギリで第一チェックポイントに到着。前日のウェルカムパティーではしゃぎ過ぎたのか、疲れているのか放心状態。
小国町を発った九州 Heaven Ride 参加者は東へ東へと導かれ、由布岳が目前に迫るこの地まで到達した。
さて、ここからがアップダウンの連続だ。KOM(キング・オブ・マウンテン)と呼称される上り区間があり、足自慢の参加者は競って上って行く。 コースの丁度半分、60km地点にある第二チェックポイント。未だ半分、もう半分?
主催者側としたら最後まで走り切っていただきたいが、各参加者の疲れの色が濃くなってゆく。

2018 九州 Heaven Ride の一番のハイライト箇所、歴史ある湯治場を貫く石畳区間。
距離は短いが、後半になればなるほど石畳と言うより激坂の岩場(?)へと豹変して行く坂が参加者達を苦しめる(楽しませる)。 今回2か所目のグラベル(未舗装路)区間を通過する最後尾付近の参加者。
予報通り天気が怪しくなってきて、ぽつぽつと雨が降り出してきた。  ②へ つづく

GRAND PRIX 5000入荷

今まで全てのライダーに定番と言われ続けていたContinental GRAND PRIX 4000SⅡ『GRAND PRIX 5000』となり、新しくなって帰ってきました。GRAND PRIX 4000SⅡとの比較で、
・転がり抵抗:12%向上
・耐パンク性能:20%向上
・5gの軽量化(同サイズ比)

と更に性能がアップしています。
気になる重量は、実測してみましょう。
23Cで25Cで超軽量とは言わないものの十分軽量に仕上がっています。
タイヤ表面のトレッドパターンとも変更され、雰囲気がずいぶんと変わっています。
有名ブランドであっても価格を抑えるために海外へ生産を移したり、委託しているメーカーが多いですが、Continental のハイグレードはHandmade in Germanyを貫いています。GRAND PRIX 5000 700×23C 販売価格:8,856円(税込)
GRAND PRIX 5000 700×25C 販売価格:8,856円(税込)

早速、今から自分のホイールに装着して乗り心地を試してみます。ワクワクです!

GRAND PRIX 5000TL(チューブレス)も近々入荷予定です。こちらも楽しみですね。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

12月9日(日曜)は ショップ練をおこないます。

◆9日(日曜)
 当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~中級者
・走行距離:65km程度、長洲、玉名、菊水、南関平坦コース
予定コースはこちら になります。
寒くなりそうですので防寒対策をお忘れなく。
※参加料を100円いただき、ライド後のお茶とスナック代といたします。

2018 九州Heaven Ride無事に終えました

今年で6回目となる九州Heaven Rideを無事終えることができました。
もはや(一部のサイクリストには)九州では無くてはならない一年を締めくくるイベントと認識されているようです。
さて、来年はどのようなコースと趣向でイベントに参加いただくサイクリストを楽しませようかと密かに既に計画を進行中です。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。
12月1日(土曜)、2日(日曜)はベントのためお休みいたします。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

◆1日(土)~2日(月)九州Heaven Rideのためお休み

今年もこの季節がやってきました。今回で6回目を迎える九州Heaven Ride。今までで最多の19チームにエントリーいただき、現役プロロード選手や海外で活躍する女子プロレーサー、ツール・ド・おきなわ 210km上位入賞者、九州各地の話題のサイクリストに参加いただいてます。
さて、どんな物語が紡ぎ出されるのでしょうか?
楽しみでなりません。

九州シクロクロス 菊水ステージ

皆さん、シクロクロスという競技をご存知でしょうか?
歴史は古くヨーロッパプロロードレーサーの間で冬場のトレーニングとして始められたことに端を発します。ロードバイクのような車体に少し大き目のタイヤを装着して、不整地を利用したコースで、周回を競う競技です。
日本においては関西、関東方面ではシクロクロスは冬場に気軽に出られるレースとしてとても人気があり冬場に毎週のように開催されています。

そして、九州においても九州シクロクロスと銘打って今年度は4戦が開催されます。
◆大会HP:https://www.kcxmtg.com/・12月2日 平尾台ステージ
・12月16日 菊水ステージ
・1月13日 芦屋ステージ
・1月20日 朝倉ステージ

そのなかで、菊水ステージのコース担当になり、ちゃくちゃくと準備をすすめております。特別に少しだけどんなコースなのかご紹介。
コース全長は2km足らず、メイン会場、コースは芝の広場を使用します。 肥後民家村の特別セクション
走力だけでなくテクニックも必要とされるでしょうね。
写真でもお分かりのようにドロドロになるような箇所は少なく、ロードバイクでも太いタイヤを履けば走行できそうです。

競技カテゴリーは3つあり、上位から
C1:60分 (KCXカテゴリC1保持者、AJOCCカテゴリC2以上)
C2:40分 (KCXカテゴリC2保持者、AJOCCカテゴリC3 / マウンテンバイク可
C3:30分 (新規およびその他参加者/マウンテンバイク可

既に第2戦 菊水の申し込みも始まっております。
https://www.kcxmtg.com/3-1
菊水ICからのアクセスも良く、会場近くには温泉施設もあります。
寒い季節ですが、ちょっと頑張ってワイワイがやがやと自転車を走らせ温かくなってみませんか?

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

11月24日(土曜)、25日(日曜)は ショップ練をおこないます。

◆24日(土曜)
 当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~中級者
・走行距離:70km程度、長洲、玉名、南関平坦コース
予定コースはこちら になります。

◆25日(日曜) 当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~中級者
・走行距離:60km程度、山鹿方面丘陵コース
予定コースはこちら になります。

※参加料を100円いただき、ライド後のお茶とスナック代といたします。

今朝は今年一番の冷え込みだったようですね。

ありの冷たさに山側のコースを変更して海側へ向かいました。明日は少しは温かくなるようです。
明日も元気にショップ練で走りましょう!

T・D・おきなわ、AP3耐

先週からイベント続きでお店を開けているときも忙しく更新が滞っておりました。
ツール・ド・おきなわ、
オール九州3時間耐久ロードレース in オートポリス2018第2戦に参戦してきました。

ツール・ド・おきなわ は一緒に遠征した方々は怪我もなく無事に完走を果たされました。(各カテゴリーは完走するだけでも凄いことです)
私は今までで一番振るわない162位の結果でした。
先週末のオール九州3時間耐久ロードレースは おきなわ レースの疲れもありましたが、ソロ(総合除く)で3位に滑り込むことができました。レースレポートの方は後日ぼちぼち報告したいと思います。

Vipro’s Fluodry(フルオドライ)入荷しました

世界で戦うプロコンチネンタルチームNIPPO・ヴィーニファンティーニも使用する日本のケミカルブランド、Vipro’s(ヴィプロス)の新しいケミカルが入荷しました。

◆Fluodry(フルオドライ) 価格:1,620円(税込) 

◎一般的な潤滑剤と比較して、圧倒的なドライ感!
◎シリコーンスプレーと比較して、耐荷重性、皮膜定着性に優れる!
◎乾燥皮膜タイプでありながら、低~中荷重部の中~長期的な潤滑が可能!

これは汚れを寄せ付けない潤滑剤なのでキレイ好きな方にはおすすめですね!


そして、暫く切らしていました圧倒的潤滑耐久性と防汚性を両立したBlue-no(ブルーノ)も入荷しました。
◆Blue-no(ブルーノ)価格:2,376円(税込)他のケミカルと比べたら少々お高いですが、少しでも軽さと耐久性を求めたいシリアスライダーには打って付けです。

以前のVipro’s(ヴィプロス)の紹介記事はこちらをご参照ください。
Vipro’s(ヴィプロス)

最終調整

今日のライドは「ツール・ド・おきなわ」へ出場される方々の最終調整を兼ねてロングライドへ行ってきました。
初めての参加者も含めて12名ほどで出動。

朝はキリッと冷え込みましたが、陽が上がるにつれ汗ばむほどにのんびり走るには最高のシーズンですね。途中、同じ「ツール・ド・おきなわ」に出場されるF島様に遭遇。
暫く一緒に走っていただきました。50kmオーバー60に出場される氏は絶好調のようで、農道のアップダウンで苦しめられました。今年も優勝間違いないでしょう!

さて、「ツール・ド・おきなわ」本番まで残り一週間。
楽しみで、わくわく、ドキドキが止まりません。