注目

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。
10月16日(火曜)は 17時までの営業となります。
急きょのご連絡で申し訳ありません。
16日は所用のため17時までの営業となります。

走りやすくなりましたが

昨日のショップ練は12、13名ほど参加いただきました。
コースは「ツール・ド・おきなわ」に参加される方も考慮してロングコースで後半に山岳を組み込ませていただきました。
先ずは平坦を皆で流しながら折り返しの休憩地点まで移動。しかし、皆で走ると自ずとペースが上がり気味になります。後半の山岳アップダウンのために少しは体力を温存していた方が良いのですが。。。後半はやはり脚の差が如実に出てきて、調整する時間も増えてきましたがなんとか皆さん走り切りました。最近は早朝はめっきり涼しくなりとても走りやすいです。しかし昼間になると陽射しはまだまだ強く、気温も上がります。
走りやすく、涼しいからと感じて水分補給をなおざりになりがちです。すると、やはり後半になってバテたり、脚攣りの原因になったりします。走りやすい今だからこそ自分の体と周囲に気を向けてロングライドに挑戦してみましょう。

毎週のように

今週末もまた台風が襲来してますね。
各地でサイクルイベントが開催され、晴れれば絶好のサイクリングシーズンなのですが、こうも毎週末のように悪天候に見舞われると意気消沈してしまいます。

そんな悪天候続きのさながですが、有難いこと納車を続けていただいております。
先ずは先日取扱いを始めたばかりのコチラのブランド、GUSTO
ジャパンカップの出場も決まり、にわかに最有力な優勝候補チームとの話しも出始めています。
福岡市内からお越しのK川様、ありがとうございます。
こちらに来られた際はぜひご一緒に乗りたいものです。


バイク自体の艶やかさ、華やかさはないものの、確りとした丁寧な作りで定評がある生粋の日本ブランドANCHOR
RS8は上位機種の設計ノウハウ PROFORMAT を余すことなく受け継ぎ素材を見直すことで低価格を実現したピュアレーシングモデル。
フレームをご注文いただき、手持ちの部品をインストールしてもらいました。
長崎県からお越しのH口様、何度も足をお運びいただき、ありがとうございます
再フィティング(微調整)が必要になりましたらお手数ですがご来店ください。
もちろん、練習会もお待ちしております。


お仕事が一段落したこともあり、体力増進と新たなことに挑戦も含めてこちらのバイクをご購入いただいました。
ANCHOR RL8 もっともっと踏みたくなる、長距離を走る心地良さを身近に感じられるツーリングバイクです。このモデルもPROFORMATと言う解析技術で走りの無駄をそぎ落とし、踏力を効率的に推進力へ変えてくれる技術が投入されています。しかも乗り心地はひじょうにマイルド。
O川様 ありがとうございます。
乗りなれたならお店の走行会にもお越しください。初めての参加の方も可能な限り快適に走れるように対応いたします。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。
台風25号の影響で大会が中止になったため  6、7、8日は通常営業いたします。
10月6(土)、7(日)、8(月)
は イベントのためお休みします。
◆松野四万十バイクレース
大会HP:http://matsunoshimanto.com/

皆さまにはご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

ペダリングの謎に迫れ!

先日になりますが21日(金曜日)にお休みをいただき Pioneer と WALKRIDE 主催のペダリングスキルアップセミナーを受けてきました。参加者は販売店向けのセミナーでしたので知った顔がちらほら。一応、当店でもBIKE FIT のサービスを行っており、かなりの知識と方法を得ていると自負しているところです。
しかし、小さいことですが、知らないことや新しい気づきが多々あり、とても有意義な内容でした。
午後からは自転車を用いての実走セミナーの予定でしたが、外は生憎の雨。
室内で体の使い方、体のケアの仕方を重点的に学ばせていただきました。
トレーニングの知識がある方だったら、このようなセミナーは書籍で読んだり、見聞きした内容が多いと思います。
しかし、実際に受けてみると自分が知っているつもり、行っているつもり、になっていたことばかりだと気づくことでしょう。

セミナーの最後に
アメリカ・ラスベガス、インターバイクショーで発表されたペダリングモニターの新機種情報を。
これは、トレーニング、レースそして、サイクリングの新たなブレークスルーになるかもしれません。
発売が待ち遠しいです。

詳細が判明しましたら当店のHPでもご案内します。

Lintaman(リンタマン)あなたの足にジャストフィット

クリス・リンタマン(Lintamanの創業者)が常々考えているのは、問題を抱えた人々のこと。供給されたシューズが合わずにプロ選手を途中で断念した彼自信の経験から、シューズで悩んでいる人々のために画期的なシューズを開発した。シューズに自分を合わせるのではなく、自分にシューズを合わせる!

ごく当たり前のことだが実際にそれが出来ているブランドや選手は驚くほど少ない。Lintamanのシューズ作りのポリシーは100%すべての人々がなんの我慢もせずに快適にシューズを履いてもらうこと。そして長年に亘る研究の末、ついに完成したADJUST。 足を挿入し、適切なアジャストを行えば今まで体験したことが無いフィット感を得ることでしょう。

横方向に締め付けるシステムのシューズは今までにもあったが、これは横方向だけでなく縦方向にも調整できる。ケブラーワイヤーを架け替えることによって、幅広、幅狭、甲高、左右の足の差異、その他どんな条件でも1足でアジャストしてしまいます。
ワイヤー架け替え例
Lintamanシューズは今までのシステムでも十分でしたが、更に改良を加えたモデルを発表しました。
ADJUST ROAD COMP PLUSなんと、踵のカップまで微調整が可能なモデルを追加しました。

夏用ソックス、冬用ソックスにも対応できるように中敷きが厚手、薄手と二種類準備されてます。もうこれで靴が合わないと言うことはないでしょう!
ADJUST PRO PLUS 価格:36,000円(税別)
ADJUST ROAD PRO 価格:29,500円(税別)

ADJUST ROAD COMP PLUS 価格:24,000円(税別)
ADJUST ROAD COMP 価格:19,800円(税別)
ADJUST MTB COMP 価格:19,800円(税別)

※入荷状況につきまして メーカーサイトより
お陰様でリンタマンでは数多くのご注文をいただいておりますが、予想を大きく上回るご注文数量により納期の大幅な遅延が発生しております。納期の督促は日々行っているものの、生産は小さな工場で手作業による工程が多い為、中々そのスピードが上がらず時間を要しております。お待ちいただいているお客様には多大なご迷惑をおかけしており、大変申し訳無いですが何卒ご了承下さいます様、お願い申し上げます。

成長著しい

今回も祝日が重なり連休でしたので、両日とも20名近くの参加があり皆で元気に走っていました。
1日目は60kmで獲得標高1300mの山岳コース、
2日目は平坦の60kmコースと変化を付けました。  最近は若い参加者が多く、賑やかになっています。
そして若い人は成長が著しいですね。(汗 数週間前までは激坂を上れなかった方も今回は苦も無く走行されていました。

またベテランサイクリストはコンディションの波はあるものの、堅実な走行で来るべきイベントへ向けて調子を上げられていました。

様々な年代、色々な脚質のサイクリスと走るのは新しい発見もあり楽しいものですね。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

9月21日(金曜)は所用のためお休みいたします。
ご連絡が遅くなり申し訳ございません。
明日21日(金曜)は『ペダリングスキルアップセミナーin福岡』(販売店向け)の講習のためお休みをいただきます。
お客さまのためにライディングに関する有意義な技術、情報を勉強してきます。
https://walkride.jp/archives/19750/講師はこの書籍の著者 須田慎太郎氏(パイオニア公認ぺダリングモニターアドバイザー)です。
とても楽しみです。

BOA SYSTEM

昨今の自転車用シューズに使用されているBOA SYATEM、従来よりの紐やベルクロ、ラッチェット式に比べ1mm単位での微調整がしやすく、フィット感に優れているのが特徴の先進的なフィッティングシステムです。

数年前まではハイエンドモデルにしか使われておりませんでしたが、今ではエントリーモデルにも多用され始めました。
それだけ市場の反応が良いのでしょう。

しかし、一般ユーザーが先ず思うのはダイヤルが破損したり、シューレース(ワイヤー)が破断したときの対処方法でしょう。
修理は可能なのか?
部品は入手可能なのか?
当店でもBOA SYSTEMの修理を数件承ったこともありますが、手探りで修理した感じでした。
これでは自信を持って販売できない・・・と思っていた矢先
代理店経由で、BOA Technologly Japan の講習会があることを聞きつけ勉強に行ってきました。製品の成り立ちから歴史まで 自転車用のシステムは大まかに5種類あり、IP1、S2、L4、L5そしてL6です。それぞれ内部の構造や取扱いが違います。
修理するうえで下手に手順を間違うと破損する恐れもあるので実技講習は手に汗握り練習してきました。
そして、皆さまに朗報です。
当店は BOAのExpert Cycling Shop として認定され、
数週間後になりますが、BOA SYSTEMのスペアパーツ(自転車用)を一式準備することになりました。
修理、交換する際に手間賃はいただきますが、少額で修理対応可能になります。
BOA SYSTEMのスペアパーツが揃うまで、今暫くお待ちください。

GUSTO(グスト)取扱い開始しました!

皆さん、ツール・ド・フランス てっ知ってますか?
もちろんだよ!という方ばかりと思います。

では『ツール・ド・ラブニール』はご存知でしょうか?
『ツール・ド・ラブニール』はU23版のツールドフランスとも言われているレースで、ツールが終わった後にフランスを舞台に開催される大規模なレースです。
過去にはレモンやインデュライン、フィニョンが総合を獲得していて、次世代を担う若手が凌ぎを削ります。

写真のチームはスロベニアのチームで、同国の首都であるリュブリャナがスポンサーに加わり、ヨーロッパとアジアを舞台に活躍の幅を広げている新進気鋭のチームです。
チーム名、リュブリャナ・グスト・ザウラム

そして、な、なんと今年の『ツール・ド・ラブニール』で総合優勝を果たしたのはリュブリャナ・グスト・ザウラムの選手、POGACAR Tadej(スロベニア)選手が総合優勝したのです。

なんと、当店に『ツール・ド・ラブニール』を制したBikeが入荷して来ました。
POGACAR Tadej選手が使用したバイク
RCR Team Limited (TL)は完成車価格で268,000円(税抜) ・フレームは東レT-1000/800
・コンポーネントはシマノアルテグラ
・ATTAQUEオリジナルカーボンホイール(チューブラー)
このGUSTOは世界で勝てるロードバイクです。

えっ、破格の値段じゃない?
そうです、このスペックでこの値段。
GUSTOはトップモデルからエントリーモデルまで全モデル同じフレームを使用しています。 そして機種はコンフォート系とレース系の2機種のみ!
総合メーカーと違って競技向け、コンフォート系に機種を絞ることで生産性を高めたからこそのコスパなのだと見ています。


エントリーモデルも入荷しました。
2018年プロチームが実践投入しているフレームを使ったこのモデルをエントリーモデルと呼ぶのは適切なのでしょうか?
カラーは違うがフラッグシップモデルと同じフレームにシマノ105、ホイールにはカンパニョーロのカリマを装着したモデル。

RCR Team Edition Eliteも入荷しております。
どうぞ世界に打って出たGUSTOをご覧ください。