注目

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。
下記のように夏季休暇をいただきます。
ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いいたします。17日水曜日は定休日になっております。事前ご連絡と違い申し分けございません。

コーユーレンティアオートポリスロードレース 4時間耐久

先の日曜日はオートポリスで開催されたコーユーレンティアオートポリスロードレースの4時間耐久にお客様、練習仲間と一緒に参戦してきました。スタート時はコース上が川になるほどの大雨で出走も躊躇するほどでした。 しかし、恐れていた猛暑ではなく、雨のおかげでボトルの水も思った以上に必要ではなかったのが幸いでした。レースの方は先頭集団の瞬間的なペースアップに付ききれず、序盤でドロップ。第二集団で淡々と周回を重ねることになりました。
思った通りの結果を残すことは出来ませんでした、今足りないモノを再確認できただけでも収穫だったと感じています。
他のカテゴリーに参戦された方々もそれぞれ結果を残され、今後のサイクルイベントに向けた課題やモチベーションを見つけられたと思います。

さぁ、秋以降のイベントに向けて一緒に乗り込んでゆきましょう!

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

8月6日(土曜)はロードレース参戦のため お休み になります。
皆さまにはご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いいたします。

エンデューロ【コーユーレンティアオートポリスロードレース真夏の耐久レースです。悔いがないように頑張って楽しんできます!

 

 

GTR Team Disc 105 Di2

イタリアで100年以上の歴史を持つ老舗ブランド、Wilier(ウイリエール)
グランツールを駆けるレーシングモデルから一般のサイクリストが気楽に乗れるコンフォートモデルまで数多くのラインナップを揃えています。

その中で万人に受け入れやすく乗り心地もマイルドで、しかもレースイベントにも使うことが可能なGTR(グランツーリズモ レボリューション)に 今 話題の105Di2(R7170)を搭載した数量限定モデルが発表されました!

GTR team 105 DISC-Di2:販売価格 404,800円(税込み)

特別限定につき100台のみの生産になります。(8月31日まで受け付け可)
直ぐ予約で埋まることが予想されますので、気になる方はお早めにご連絡ください。
シクロワイヤードにも記載されていました。⇒ ウィリエール GTR TEAM DISC 特別限定完成車

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

7月31日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆31
日(日曜) 当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~
・走行距離:65
km程度(菊水、山鹿、南関

※注意事項をご確認いただき、⇒注意事項
申込フォームより申込ください ⇒申込フォーム 

 

ROCK SHOXメンテナンスセミナー

先日は久々の講習会と展示会に参加してきました。

今回の講習は
マウンテンバイクに使われているフロントサスペンションとリアショックの基本構造を学び、サービスマニュアルに従い分解、部品交換、組み付けをおこなうための講習でした。全ての機械的に可動する部分は、使えば使うほど消耗してゆき摺動性が悪くなってきます。本来の性能を取り戻すには悪くなった部品を交換しメンテナンスしてやることが必須です。そして分解、組み付けをおこなうには基本構造、内部構造を理解して作業を行うことが必要になってきます。フロントサスペンション、リアショックには幾つものモデルが存在しますので、モデルによる違い、組み付け調整のコツを知ることも重要です。
今回は実際にフロントサスペンションとリアショックの現物を用いて、メーカーのメカニックが講師となり作業を実践ていただきました。マニュアル通りの作業をするうえで足りない作業工具類がありましたので、それを取り揃え当店でも完璧な作業が行えるように準備いたします。

お客様の快適サイクルライフをお手伝いをすることが当店のモットーです。
サスペンション類のオーバーホールご要望がありましたらどうぞお問い合わせ、ご利用ください。

 

これに懲りず

土曜、日曜と朝は少し涼しかったですね。
昨日のショップ練は初めて参加される方も含め、10名ほどで玉名方面の平坦基調の道を走ってきました。

初めて参加いただいた方は折り返し地点にて体力的に別行動されましたが、これに懲りず機会があればまたご参加ください。
皆で一緒に走ることが速く快適に走ることになる一番の近道と存じます。 

イベント前に

夏場のヒルクライム、耐久レースやクリテリウム。秋にはロングライドのサイクリングイベントの開催が続々発表されています。
この2年以上待ちに待って、今、練習に励まられているサイクリストが多いことでしょう。
目的とするイベントに向けて体を作り込まれる前に愛車をリセット(最高の状態に保つ)するのはいかがでしょうか? 機材に不安を抱えながらだと練習に身が入らないことになるでしょう。
不意にトラブルが発生しないとも限りません。
もちろんレースやサイクルイベントだけでなく、普段の通勤やサイクリングにおいても不安要素を減らすことは安心、安全なライドに繋がります。自転車をご持参いただければ、その場でおおよそのお見積りも可能です。
愛車の傷み具合に合わせ、ご予算に合わせ、愛車をリセット(最高の状態に保つ)するのはいかがでしょうか?

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

7月24日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆24
日(日曜) 当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~
・走行距離:60
km程度(南関、菊水、玉名)

※注意事項をご確認いただき、⇒注意事項
申込フォームより申込ください ⇒申込フォーム 

 

クロモリフレーム 電動多段化

最近主流の自転車フレームは軽量化を目的にアルミフレームやカーボンファイバー製のフレームが大半を占めています。
その中で、細身のフレームシルエット、独特のバネ感がある乗り心地を愛して止まないサイクリストが駆られるフレームがクロモリフレームです。長らくシングルスピード(前輪後輪ともギアが一枚のみ)でクロモリフレームを楽しまれていた方から、ロングライドにも使用したいとのご要望を受けて電動多段化の機器のインストールをさせていただきました。最新のフレームはチューブのボリュームがあり、そもそもワイヤー類をフレームの内部に入れることが可能な作りになっているのですが、
細身のクロモリフレームはトラディショナルな構造からワイヤー類はほぼ外装仕様となっています。 そこをオーナー様のご要望とご理解を得てバッテリー、ジャンクション、ワイヤー類を内装化仕様にさせていただきました。
電装ワイヤーが露出しているのはヘッドチューブ付近だけ。
他はチューブ内にインストールできて、見た目がものすごくスッキリしました。そして、もう一つの拘りが機械式でありながらハイドロ式に勝るとも劣らない効き心地で定評のある GROWTACのEQUALをインストール。

電動多段化と安心のディスクブレーキにより、ライディングが快適に、よりストレスフリーになりより一層ロングライドを楽しまれることでしょう。
H山さま ありがとうございました。