※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。
10月16日(日曜)は CJくまもと吉無田国際 出場のためお休みとなります。
16日(日曜)はMTB大会  Coupe du Japon の最終戦が熊本県御船町の吉無田高原緑の村で開催されます。大会HP:秋の吉無田マウンテンバイクフェスタ2022

当日はこちらでライブリザルトも確認できるようです。⇒ ライブリザルト

すくもグラベル・まんぷくライド

Covid-19の感染拡大もおちつき、各地でサイクリングイベントの開催が相次いでいますね。
今回ご紹介するのは「すくもグラベル・まんぷくライド

2つのコースが準備されており、一つはオンロードのみ50kmのコース、もう一つがグラベル(未舗装路)を含む30kmのグラベルコースです。
全世界的に人気が沸騰しているグラベルライド。ここ日本の地方においてもグラベルの魅力が認知されてきつつあるようですね。開催地は四国は高知県の宿毛市、少し遠いですが新しいサイクルライフの発見に出会うかもしれませんね。
すくもグラベル・まんぷくライド HPhttps://sukumo-darumayuhi.jp/archives/7146

北九州サイクルフェスティバル

2023年秋、福岡・熊本・大分を舞台にしたUCI(国際自転車競技連合)認定のプロ自転車ロードレースツール・ド・九州が開催される予定です。

そのツール・ド・九州に向けて各地でプレイベントが開催されていますね。
北九州の方でも記念したサイクリングイベントが開催されます。北九州サイクルフェスティバル
イベントのなかの一つとして、北九州市の観光名所を巡るサイクリングツアーも開催されるようですね。
秋風に吹かれ観光名所をのんびり走るのも良いものですよね。

最適な一台

ロードバイクに挑戦したいけど。。。
本格的に乗り出せるか不安で高額なロードバイクはどうも。。。
初めての一台はお手頃な価格帯のモノを。。。

先日、1年前に発注手配したエントリーグレードのロードバイクがようやく入荷してまいりました。

SCOTT  SPEEDSTER 40 DISC
サイズ: S(適正身長165cm-175cm)

32Cのタイヤが装着してあるので少しの砂利道や荒れた路面でも気楽に走ることができます。 ブレーキは機械式ですが制動力が確かなTektro(テクトロ)を採用
ハンドル周りからケーブル類はフレーム内部にフル内装となり、見た目もスタイリッシュに仕上がっています。エントリーグレードのロードバイクをお探しの方はどうぞご来店いただき、
のクォリティーをどうぞご確認ください。

ロングライド ショップ練

昨日は次の日曜日に開催されるサイクリングイベントに参加される足慣らしも兼ねて久々のロングライドに行ってきました。朝、出発するときは涼しく気持ちよかったのですが金峰山山系に着くころは日が高くなり汗ばむくらいの良い天気となりました。
この時期のウェアーのチョイスは難しいですね。 山岳部をパスして、ショートカットされた方もいらっしゃいましたが最後まで皆さん元気に走られました。

次の日曜日のサイクリング大会は思い思いのペースで楽しまれることでしょう。

お怪我無く無事に帰って来られ、楽しまれたお話を楽しみにしております。

GTR-Team Disc Di2-105モデル入荷!

Wilier(ウィリエール)が手掛けるミドルグレードのGTR(グランツーリスモ・レボリューション)Team
最新のDi2‐105(電動無線、12速化)を搭載した魅惑のモデルが入荷してまいりました。 12速化されたメリットは、スプロケットの中段ギアをクロスレシオとすることで、状況に応じたギアを選びやすく、スプロケットの最大歯数が大きい構成が準備されていることでエントリーライダーでも激坂でも適したケイデンスで走破できるところにあります。エンデュランスロードとして位置付けられるWilier GTR-Team Discはレースバイクの系譜を受け継ぎながら、リーチを若干短くしヘッドチューブを僅かに長くすることで、リラックス過ぎずレーシにもコンフォートにも走れるポジションを実現しています。 チェーンステーにはアシンメトリーデザインを取り入れ、快適性と反応性のバランスを整え、前後140mm採用の油圧ディスクブレーキでどんな気象状況、路面状況でも確実な制動力を約束してくれます。28Cのタイヤを履いてもフレームに対して余裕のクリアランス。
油圧ディスクブレーキと相まって下り坂のタイトなコーナーでも安心してライディング可能です。

GTR-Team Disc Di2-105 販売価格:368,000円(税別)

驚きの性能、驚きのバリュープライス この逸品は絶対買いですね!

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

10月2日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆2
日(日曜) 当店7時集合~12時終了 ロード走行会
・対象者:級者~
・走行距離:90
km程度(菊水、田原坂、金峰山、天水)
お店の開店は午後からになります。

※注意事項をご確認いただき、⇒注意事項
申込フォームより申込ください ⇒申込フォーム 

 

写真で振り返る2022.9.18 SDA・in・王滝

9月の18日にかけて日本最長距離MTBレース、長野県の王滝村で3年ぶりに開催されたセルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝(2022年参加選手1000人程度) に参戦してきました。お昼過ぎに王滝村の会場、松原スポーツ公園に到着。駐車場、会場は多くの人でにぎわっていた。
宿泊先は毎回お世話になっている民宿 藤屋さん
輪行してきたMTBを組み立てし、異常が無いか入念にチェック。ゼッケン、計測チップを取り付ける。
翌朝、午前4時半にMTBを並べ、スタート位置を確保するために会場に入る。すでに大勢の選手が待機していた。
なんとか最前列から2列目を確保することができた。
午前6時のスタートに向けて緊張が高まる。
今回は数年前からの豪雨災害により走れる林道の使用が制限されていて、通常とは違ったコースレイアウトになっている。
先ずは20km先のリアルスタート地点まで集団でパレード走行。
遥か彼方、竜のように長く伸びるMTBの大集団。
パレード走行だがそこそこペースは速く、位置取り争いも徐々に始まる。
号砲とともに大集団が脱兎のごとく荒れた林道に突入。
いよいよ本当の王滝がここから始まる。
あっと言う間に集団はばらけ、路面も途端にガレてくる。
目の前の先頭集団がみるみる間に遠くなってゆく。
4時間50分10秒 全ての力を使い切り、なんとか100kmクラス4位。総合表彰台に上ることができた。
この王滝のコースを走り切った上位の選手、完走した選手も称えずにはいられない。
そんなハードなコースでした。
一緒に遠征したU原氏も見事120kmクラスの表彰台に上ることができた。会場でお見かけした
坂バカ俳優の猪野学氏 初めての王滝挑戦にもかかわらず見事に年代別2位を獲得。
NHK BS チャリダーの放送もさることながら、今後の活躍も楽しみです。王滝村を去る前に今回お世話になった 民宿藤屋さんの前で記念撮影。
上位に入賞する選手が数多く宿泊し、ぴりぴりしがちな空気を笑顔でいつも和ませてくれ、手厚いサポートをしていただく藤屋さんの方々に感謝々々です。

走りやすい季節到来

今朝のショップ練は初めての参加方もあり6名の2グループで玉名市方面へ走ってきました。風は夏のそれと比べて涼しく、汗もそれほどかかず体力の消耗を抑えられます。
サイクリングに最適な季節の到来ですね。
来週はロングライドを計画してます。

ご都合が合えばぜひご参加ください。