GrandPrix 5000 TL

遅ればせながら今年刷新され、新たに追加されたコンチネンタルのチューブレスタイヤ Continental GrandPrix 5000 TL(25C)を使い始めました。
今までGrandPrix 4000 S II を使っていたのですが中々擦り減らないので今頃になった次第です。

先ず、気になる重量を測ってみますと
GrandPrix 5000 TL(25C) が301g チューブが無い分エアを保持するためにタイヤ自体を肉厚にする必要があるため重量自体は少し重めです。
一方、従来通りチューブが必要なGrandPrix 5000 (25C)の重量は
218g。その差83gはちょっと重めのチューブの重量と言ったところでしょうか。ホイールへの装着具合は少し硬めですが指と掌を使い装着することができました。
ビードも手押しのフロアポンプですんなりと上げることができた次第です。
嵌めやすさはタイヤとホイールの相性があると思います。 
さて、乗り心地の方ですが、漕ぎだしの軽さは・・・?
重量が増すので正直軽いとは言えません。しかし一旦転がり出すと乗り心地、コーナーでのグリップ、安心感は非常に優れたものを感じます。
今回は空気圧を6barで試したのですが、メーカーの推奨を確認するともっと低い5.5barになっていました。空気圧を調整しながらもっと乗り込みインプレをしていきたいと思います。

Continental GrandPrix 5000 TL 販売価格:10,584円(税込)

YOTSUBA 24

当店には珍しくキッズ向けの自転車を納車させていただきました。
ヨツバサイクルの『YOTSUBA24』です。成長真っ只中のキッズでも長く乗り続けられる低床設計に加え、どんなコンディションでも安定した制動力が得られるディスクブレーキを採用。また、標準規格を取り入れたパーツアッセンブルによりアップグレードに対応。別売のサスペンションや変速機を取り付けることで、お子様の成長に合わせてヨツバサイクルも成長(アップグレード)します。
キッズ向けとは言え組立は大人用と何一つ変わりません。
キャリパー取り付けの要、取り付け面の面出しとローターの歪み調整。 ホイールの振れも注意深く取って
子供の小さい握力でも確実に動作するようにワイヤーにもテフロングリスを塗布 小さい掌でも確りブレーキできるようにアジャスター機能が付いています。
大きくなって変速機が必要になった場合でも安心。ディレイラーハンガー、ワイヤー受けがフレームに標準装備。フリーホイールにも多段ギアが組み込める構造になっています。
K元様 ありがとうございます。
お父様と元気に外を走られる様が目に浮かびます。
YOTSUBA24 販売価格:49,680円(税込)

GUSTO

今年のツアーオブジャパンでも存在感を示した『リュブリャナ・グスト・サンティック』が駆るGUSTOの展示会がありましたので行ってきました。
一番の注目はツアーオブジャパンの会場でも話題をさらったこちらのモデルでしょう。
RCR Team Limited DISC(TL DB)販売価格:328,00円(税別)
実はこのモデルは未だチームに供給されてなく、ツアーオブジャパンの会場では『リュブリャナ・グスト・サンティック』の監督が来期ウチのチームが乗るバイクだな!と写真をパチパチ撮っていたという話です。
基本的にGUSTOのメインになるフレームは2種類しかないのですが、このTL DBモデルはフレーム形状は同じでもディスクブレーキシステムなのでそれに合わせフレーム設計になっています。強力なディスクブレーキによるフレームの歪みを軽減するために各部剛性の最適化しないといけません。カーボンの積層はもとより、ぱっと見てリムブレーキモデルとの違いが分かるのは右フロントフォークに設けられた凹みでしょう。黒とゴールドのペイントに沿って凹みが見受けられます。これによりブレーキを掛けた時のフロントフォークの捻じれを左右均一にすることに成功したそうです。
そして特徴的であるスルーアクスル前後輪を固定するのはもちろんスルーアクスル。それを回転させる工具がアクスルの中に内蔵されています。アイデアですね。

他にディスクブレーキシステムを採用したモデルは RCR Team Sport DISC(TS DB)も発表されました。販売価格:238,00円(税別)
こちらはホイールとコンポーネントをワンランク落としてとても手に届きやすい価格に設定してあります。

従来からのモデル(グレード)も一部仕様を変えて再構成されています。
RCR TEAM Edition Legend 
販売価格:298,00円(税別)

RCR Team DURO Limited(DURO TL)販売価格:クリンチャー278,000(税別)チューブラー268,000(税別)

お店に次期モデルの簡易的パンフレットがあり、気になるモデルの入荷時期もお伝えできますのでどうぞご来店、お問い合わせください。

洗車de募金のご報告

過日になりますが、先のセキアヒルズカップMTB2時間耐久レースの会場で開催させていただいた『洗車de募金』の手続きが完了しましたので、ご報告です。振り返ってみるとこの『洗車de募金』は2013年頃より同会場で行わせていただいてます。7年余り。
毎回、皆様のご依頼をいただき収益の半額を募金とさせていただいてます。
感謝に堪えません。
微力なところではありますが今後とも続けていく所存ですので、どうぞ宜しくお願いいたします。

風薫る

今日のショップ練はレースイベント前の追い込み期間ということで山岳コース。
12名の参加者で薫風に吹かれながら、上り下りの道を走ってきました。 この時期は陽射しは強いですが湿気が少ないので、意外に走りやすいですね。
60kmで獲得標高1000m近いハードなコースでしたが皆さん元気に(?)走りました。
次のショップ練は最後の追い込み。
平坦プラス山岳コースを予定してます。
どうぞご参加ください。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

5月26日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆26日(日曜) 当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級、中級者~ ・走行距離:60㎞程度(玉名、林道、南関、セキア)
予定コースは こちら になります。

6月のレースイベントに向けて強度上目てゆきましょう。
※参加料を100円いただき、ライド後のお茶とスナック代といたします。

Giro d’Italia 2019 記念ボトル

数量限定の「Giro d’Italia 2019」の記念ボトルが入荷してきました。
特徴は100周年記念大会で新たにデザインされたロゴマークが大きくデザインされ、エリート独自のデジタルプリンティングと呼ばれる高精細で滑らかな色調が特徴のプリンティング技術を採用したボトルです。ベースとなるFLYボトルは、無臭で柔らかく耐久性のあるプラスティック素材を使用し、耐久性があり、世界中で最も軽いスポーツボトルで複数のワールドプロチームもレースで採用しています。
 
FLY ジロ デ イタリア 2019 550ml(限定商品)
カラー:GIRO CLEAR(ジロクリア)容 量:550ml
価格:¥864(税込)
 
FLY ジロ デ イタリア 2019 750ml(限定商品)
カラー:GIRO WHITE(ジロホワイト)容 量:750ml
価格:¥1,037(税込)

Giro d’Italia 2019は休息日、今後のマリアローザ奪取へ向けての展開が楽しみですね。

世界一タフなレースで戦えるバイク

この SCOTT FOILはただのエアロロード バイクではありません。その驚くべき快適性、最高のハンドリング。そして2016年、世界一過酷なワンデーレース「パリ~ルーベ」においてマシュー・ヘイマンがFOILに乗り優勝したことでこのバイクの評判は確固たるものになりました。
薄くなったシートスティによりラフな路面でも滑らかな走りが得られ、快適性が増しています。
このFOILは初代のそれと比べ1/2のフォークコラムを採用し、大きくなったヘッドベアリングとの組み合わせで初代と比べると13.5%のねじれ剛性向上を示しています。エアロ効果を発揮すべく細部まで造りこまれたシートポストクランプ部とハンドルステム&コラム付近の造形はお見事です。 HMFカーボンフレームの素材は最大限の強度を引き出しつつも軽量性を兼ね備え、最高のライディングのための剛性と快適性が最適なバランスで取られています。エアロロードバイクながら快適性も合わせ持つSCOTT FOIL
T巣様 ありがとうございます。
ご一緒に走れる日を楽しみにしております。

セキアヒルズMTB 2時間耐久

MTB乗って温泉入って沢山食べます!
を合言葉に気楽に参加できるMTBイベント「セキアヒルズ マウンテンバイク2時間耐久レース
今年は大型連休の後に開催だったので、その影響か参加者が少なく、これは大変ひっそりしたレースになりそう。(汗) 少しでも賑わいを出そうと私もエントリーしてしまいましたが、蓋を開けてみるといつもといつもと同じ大勢の参加者で賑わいました。レースの方は最後尾から追い上げる作戦。
徐々に順位を上げ、数人とトップ争いを繰り広げる。残り10分足らずで追走を振り切り単独で先頭に立ったと思いきや、、、
落ち葉に隠れた異物で後輪がパンク。途中空気を入れて走り始めるが追走に抜かれながら走り切り、なんとか2位でゴール。

その後は、毎回開催している「洗車de募金」を行わせていただきました。
こちらの方も、コース上にぬかるみなど無く自転車はそれほど汚れていないにもかかわらず多くの洗車依頼をいただき、レース後の疲れた体に喝をいれて洗車スタッフと頑張らせていただきました。 今回も「洗車de募金」でいただいた収益の半額は募金として活用させていただきます。
MTB乗って温泉入って沢山食べます!
秋にもセキアヒルズMTB2時間耐久レースは開催されます。
次は気軽に参加してみられたらいかがでしょうか?