GUSTO Duro

2019年シーズンに雨澤選手の移籍が決まったスロベニアのUCIコンチネンタルチーム『リュブリャナ・グスト・ザウラム』が使用するGUSTO(グスト)
今、とても熱いブランドです。

さて、そのGUSTOの高性能エンデューロモデル RCR Team Duro Sport を納車させていただきました。フレームは東レT-800をベースにBB周りにT-1000を使用しています。コンポーネント、価格的にはエントリーですが、決してエントリーグレードではない潜在能力の高いモデルです。
フレーム構造を特殊な弓型減衰石器にすることでシートクションの安定性と快適性を最大限に引き出しています。 ライダーに不快感をもたらす路面からの振動を高弾性ダンピング材料 Innegra によって吸収、長距離走行での疲れを軽減させます。U脇様 ありがとうございます。
少し遠方ですがライドでのご来店をお待ちしております。

常に情報を!

昨日は新しい商品群がリリースされたこちらの代理店の展示会へ
幾つかのセミナーも参加して取扱いを学んできました。構造を熟知して取り扱うのとそうでないのではイレギュラーな事案が発生した時に雲泥の違いが出てきます。常に勉強は必要と感じます。


そして午後からは日本のブランドとして世界に打って出ている

Pioneerの新製品ペダリングモニターセンサーSGY-PM930Hと サイクルコンピュータSGX-CA-600 の説明会へ出席してきました。 こちらも高度な機能が盛りだくさんで全ては覚えきれないですが、なんとか自分が使う範囲ではスムーズに扱えるように不明点を解消してきました。

発表以来大人気のサイクルコンピュータSGX-CA-600 は現在品切れ状態ですが、3月初旬に店頭に入荷します。
気になる方はどうぞご来店ください。

数日遅れの

昨日のショップ練は久々の山鹿方面のコース。6名ほどでキリッと冷えた朝霧の中を走ってきました。ライド後は数日遅れのチョコレートを参加者の皆さんと美味しくいただきました。年明けて忙しかった方や、体調崩された方も復調されてきたようで、ぼちぼち強度も上げていきたいと思います。

二日連続のショップ練

三連休の初日と昨日はショップ練を開催しました。
初日は生憎の天気でしたが、両日とも9名ほどで元気に走ってきました。
昨日はロングコース。
少しづつですが日の出が早くなってきましたね。
キリっと冷え込んだ薄暗いなかを走り出し、熊本方面の山をガシガシと上り、ビューンと下って、帰り着くころには小春日和になっていました。久々参加してくださった方もいらして、とても練習になられたようです。
またのご参加をお待ちしてます。

アルカンシェル

自転車界において「アルカンシェル」と言えば世界チャンピオンだけが着れる栄光あるジャージです。
2018年のロードレース 世界チャンピオンに輝いた この選手アレハンドロ・バルベルデ
競技選手晩年といわれる38歳になり終に手にした最高の栄冠。
とある方のご配慮で2018年世界チャンピオンのアレハンドロ・バルベルデのサインが入ったアルカンシェルジャージを飾らせていただくことができました。毎日眺めて拝もうと思います。
D橋様 ありがとうございます。

走った後は

冬場は寒く、薄暗いので参加人数は少なめになります。
それでも、昨日のショップ練は初参加の方も含めて7名で走ってきました。
3時間で2度の休憩を入れて67kmほどの道のり。
元気に走った後は甘いモノがいつもより美味しく感じますね。差し入れいただいた甘味もので皆さん疲れが癒されました。
来週のショップ練は連休ですので、天候が許せばロングライドを予定してます。
どうぞご参加ください。

積雪の

昨日のショップ練は朝はとても冷えたので参加人数少な目の8人ほどで冷たいなかを走ってきました。寒い時期には寒い時期の練習があります。もう春のシーズンインのイベント、レースにエントリーされた方々もいらっしゃいます。寒いからといって部屋で縮こまっているばかりでなく思い切って外を走りましょう。皆で走るときつく楽しく頑張れます。

暖かくなったら超初級者のショップ練も予定してますので機会が合えばご参加ください。

第7回 西都原エンデューロ

昨日はお休みをいただいて 宮崎県西都市の西都原古墳群周回特設コースで開催された「西都原エンデューロ3時間耐久」に出場してきました。
http://rinpro.org/saitobaru-enduro/index.html
シーズンオフの冬の時期にパフォーマンス、モチベーションを維持するには打って付けの耐久レースです。
1分足らずの緩やかな上りがあるだけで基本的にコーナーも少なく、とても走りやすいコースです。参加人数も多くソロ、チームの部門もありますので気楽に参加できるレースイベントですね。さて、レースの方ですが、昨年上位入賞したので最前列に並ばせていただきました。最初の一周はパレード走行。ですが、元オリンピック選手ブリヂストンの藤田さんの先導が意外に速くけっこうイッパイイッパイでした。
1時間、2時間経過して集団が落ち着くと前を引いたり、後ろに陣取ったりしてどのような選手が集団に残っているか確認しながら走り続けました。 そして最後の一周。上り坂で少人数に絞ろうとギアを掛けスピードを上げますが、結局は最終局面までそこそこの集団になりスプリント。
最後の力を振り絞り立ち漕ぎしようとすると変な方向に力が入ったのかペダルから足が外れてしまいました。そのまま片足ペダリング気味で大勢に抜かれながらずぶずぶな状態でゴールになだれ込む。
これは入賞は無理かなと思っていましたが、なんと年代別で2位になっていました。なにはともあれ表彰台に上るのは気持ちのいいものです。
今年も色々な大会に出場してサイクルイベント、レースを楽しみたいと思います。

新しいロング ース

昨日は新しいロングコースを設定し、天気も良さそうでしたので参加者も多いかなと踏んでいましたが、集合時間に集まったのは1名。
二人で新しく設定したコースを堪能してきました。
交通量も少なく、峠道も程よい勾配具合でストレスなく熊本方面へ向かうことができました。メインの山を堪能し下り始めると集合時間に間に合わなかった方々が逆走して合流。最終的には5人でショップまで帰ってきました。
途中のビューポイントからは雲仙のすそ野を取り巻くように海のように広がった雲海が望めました。 来月になると思いますが、今回のコースをまた走ろうと思います。
どうぞご参加ください。

今年初のショップ練

今年もいよいよ始動。一番ベーシックな平坦なコースを12名程度で走ってきました。冬の寒い時期は闇雲に強度を上げても筋肉や関節に負担がきやすいので、ベースを作る期間に充てた方が得策です。シーズンに入るとこの冬場の基礎トレーニングが生きてきます。今朝は3グループに分かれ、若手中心のグループはペダリングの練習ということでケイデンス(クランクの回転数)が120rpmを下回らないようにフロントギアをインナー固定で往路を走ってきました。
これは脚力(筋力)ではなく神経系のトレーニングになります。リラックスして回す技術が無いと直ぐに息が上がり、走れなくなります。脚力ではなく技術です。
骨格や筋肉が発達途中の若いサイクリストには重いギアをガンガン踏むよりは、こういった技術的トレーニングを地道にやってもらいたいですね。それが後々大きな財産となって結果として表れてくるでしょう。