洗車de募金のご報告

過日になりますが、先のセキアヒルズカップMTB2時間耐久レースの会場で開催させていただいた『洗車de募金』の手続きが完了しましたので、ご報告です。振り返ってみるとこの『洗車de募金』は2013年頃より同会場で行わせていただいてます。7年余り。
毎回、皆様のご依頼をいただき収益の半額を募金とさせていただいてます。
感謝に堪えません。
微力なところではありますが今後とも続けていく所存ですので、どうぞ宜しくお願いいたします。

風薫る

今日のショップ練はレースイベント前の追い込み期間ということで山岳コース。
12名の参加者で薫風に吹かれながら、上り下りの道を走ってきました。 この時期は陽射しは強いですが湿気が少ないので、意外に走りやすいですね。
60kmで獲得標高1000m近いハードなコースでしたが皆さん元気に(?)走りました。
次のショップ練は最後の追い込み。
平坦プラス山岳コースを予定してます。
どうぞご参加ください。

世界一タフなレースで戦えるバイク

この SCOTT FOILはただのエアロロード バイクではありません。その驚くべき快適性、最高のハンドリング。そして2016年、世界一過酷なワンデーレース「パリ~ルーベ」においてマシュー・ヘイマンがFOILに乗り優勝したことでこのバイクの評判は確固たるものになりました。
薄くなったシートスティによりラフな路面でも滑らかな走りが得られ、快適性が増しています。
このFOILは初代のそれと比べ1/2のフォークコラムを採用し、大きくなったヘッドベアリングとの組み合わせで初代と比べると13.5%のねじれ剛性向上を示しています。エアロ効果を発揮すべく細部まで造りこまれたシートポストクランプ部とハンドルステム&コラム付近の造形はお見事です。 HMFカーボンフレームの素材は最大限の強度を引き出しつつも軽量性を兼ね備え、最高のライディングのための剛性と快適性が最適なバランスで取られています。エアロロードバイクながら快適性も合わせ持つSCOTT FOIL
T巣様 ありがとうございます。
ご一緒に走れる日を楽しみにしております。

セキアヒルズMTB 2時間耐久

MTB乗って温泉入って沢山食べます!
を合言葉に気楽に参加できるMTBイベント「セキアヒルズ マウンテンバイク2時間耐久レース
今年は大型連休の後に開催だったので、その影響か参加者が少なく、これは大変ひっそりしたレースになりそう。(汗) 少しでも賑わいを出そうと私もエントリーしてしまいましたが、蓋を開けてみるといつもといつもと同じ大勢の参加者で賑わいました。レースの方は最後尾から追い上げる作戦。
徐々に順位を上げ、数人とトップ争いを繰り広げる。残り10分足らずで追走を振り切り単独で先頭に立ったと思いきや、、、
落ち葉に隠れた異物で後輪がパンク。途中空気を入れて走り始めるが追走に抜かれながら走り切り、なんとか2位でゴール。

その後は、毎回開催している「洗車de募金」を行わせていただきました。
こちらの方も、コース上にぬかるみなど無く自転車はそれほど汚れていないにもかかわらず多くの洗車依頼をいただき、レース後の疲れた体に喝をいれて洗車スタッフと頑張らせていただきました。 今回も「洗車de募金」でいただいた収益の半額は募金として活用させていただきます。
MTB乗って温泉入って沢山食べます!
秋にもセキアヒルズMTB2時間耐久レースは開催されます。
次は気軽に参加してみられたらいかがでしょうか?

牧野ガイド 下荻の草

昨日は阿蘇の牧野ガイドのための調査、下荻の草牧野の調査ライドへ行ってまいりました。
今回も 道の駅 阿蘇 のマネージャー下城さんにご案内いただき一般の方は立ち入ることのできない牧野の奥の奥まMTBで走ってきました。
先ずは石灰を用い、タイヤとシューズの消毒をおこないます。準備ができたところでいよいよ牧野に突入。
今回は作業で使われる道が牧野の奥まで整備してあり、初心者の方でも気軽に走ることができそうでした。
前回の調査に比べると若草が元気に伸びてきて、青々とした草原が見渡す限りまで広がっています。
現在この牧野は牛の放牧がおこなわれていなく、耕作地や景観維持のために野焼きが行われています。よって牧野ガイドの同伴と許可さえ取れれば通年を通して草原のライドを楽しむことができます。
街の中や峠道をさっそうとロードバイクで駆け抜けるのも良いですが、このように人工物が見えない台地の上をのんびりペダルを回すのも楽しいものです。
牧野ガイドの資格を得ましたら牧野ライドを企画したいと思いますので、ぜひご参加ください。

グルメ、ロングライド

昨日、5月5日は丸一日使ってのショップ練ロングライド。
山都町の『Bread&Cake Cipollino 』さんまでロング、グルメライドを楽しんできました。参加いただいたのは十代から七十代までの幅広い年齢層。スピードの差はあれ、年齢を問わず一緒に走り切れるのもサイクリングの魅力です。
Bread&Cake Cipollino さんでは、当日、偶然にも古希を迎えられたY口さん、
山盛りのロールケーキで祝っていただきました。

こんな風に幾つになっても元気に走りたいものですね。

REACT TEAM-E

中学生の頃より応援しているトライアスロンを頑張っている選手に納車させていただきました。
以前から比べたら身長が15cm以上も伸びたので、これまでのフレームが小さくなりステム長やサドル高を変更しても対応しきれなくなったからです。

今回、選びに選び、チョイスさせていただいたのはMERIDA REACTO TEAM-Eのフレームセット。今まで使っていた機材より使えるコンポーネントを乗せ換えての納車でした。MERIDAのREACTO TEAM-Eはバーレーンメリダサイクリングチームが主力機材として使用する最新鋭のエアロロードバイクフレームです。風洞実験で実証された空力性能を持つワイドスタンスのエアロフォークにダイレクトマウントブレーキを採用したMERIDA 史上最も優れた快適性、軽量化にも遜色のないオールラウンドのエアロフレームです。ニュージーランドの高校に通うT花君、昨年ハード過ぎるトレーニングを行ったせいか、腰痛の症状を訴えられたので、お渡しする時は限りなくハンドル位置を高く設定しました。状態が改善してくると本来のポジションに落ち着いて来ることでしょう。
半年後、高校を卒業して帰国して来る日が楽しみです。
また一回りも二回りもたくましくなって帰って来ることでしょう。
T花様 ありがとうございました。

牧野ガイド フィールド調査

牧野ガイド養成講座のプログラムの一つ、現地フィールド調査へ行ってまいりました。道の駅 阿蘇 のマネージャー下城さんにご案内いただいたのは阿蘇地域に24ある牧野組合のうち利用できる牧野(ぼくや)町古閑牧野
生憎の曇り空でしたが、平日に休みを取れる練習仲間を誘って牧野調査(ライド)を楽しんできました。普段は立ち入ることのできない牧野は、認定されたガイドと決められたルールを守れば自転車で走ったりハイキングを楽しんだりできます。
先ず初めには石灰でタイヤや靴裏の消毒。こんな風に草原の中を気持ちよく走ることができます。
ここはどこ?  まるで中央アジア、モンゴルの草原のようですね。基本的に走行できる場所は進んで良いのですが、輪地切り(防火帯)の跡が走りやすいようです。  輪地切り跡や峰沿いをどんどん進んで行くと、こんな雄大な風景が目の前に飛び込んできました。ヒャッホー!午後はドローンや専門的カメラを用いたプロモーション動画の撮影もあり、つたない走りを披露させていただきました。近いうちに披露されることでしょう。楽しみです。さて、連休明けにもう一度、牧野調査のプログラムを受けたら牧野ガイド認定の運びです。
皆さまをご案内できる日を楽しみにしています。

吉無田MTBフェスタ

昨日は吉無田MTBフェスタに参戦してきました。
吉無田MTBフェスタHP
今回挑戦したのは スーパーマスターズ100分耐久 にダブルエントリーしました。
密かに両方で表彰台を狙ってましたが、現実は甘くはなかったです。
スーパーマスターズゴール後10分足らずで次の100分耐久レースがスタート。
70分までは二位をキープしてたので、これは行けるか?密かに思っていましたが、残り30分で脚が止まり。。取ってはいけない悔しい4位
完全に実力不足を露呈してしまいました。(泣
しかし、40代スパーマスターズで優勝できたので良しとしましょう。きつくても楽しい久々のMTBレースでした。
MTBはロードレースとはまた違ったテクニックを必要とする競技です。体力だけでは長続きしません。ある程度走れる基礎的な技術を体得したなら若い選手とも互角、いやそれ以上に競えます。ロードバイクで楽に走る(走れる)ためにもMTBにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今年は最後の

今日も絶好のサイクリング日和。花見日和のなか16~19名近い参加者で65kmほど走ってきました。
半パンでも良いぐらいの気持ちい朝でしたね。今年の桜は週半ばで冷え込んだおかげで見ごろの期間が長続きしているようです。
しかし、今日で今年の桜も見納めでしょう。
少しづつ花を散らす並木の下を疾走するのは気持ち良いものですね。ライド後のお茶の時間は次のイベントや連休中の計画に向けて話が盛り上がっていたようです。次のショップ練は14日(日曜日)を予定してます。
ご都合合えばご参加ください。