SCHWINN

通勤や通学、フィットネスにクロスバイクをお探しのお客様が多くご来店いただいています。
しかし、昨今の国内在庫状況により適切なご提案ができなく歯がゆい思いをしております。そんな中、限られたなかから通勤に適切と思われる車種を選び出し、ご購入いただきました。
米国の老舗ブランド SCHWINN(シュウィン) の SHERBROOKE(シャーブルック) です。
スポーティーなアルミフレームに、外装8段変速、ディスクブレーキ、650×47Bタイヤ、前後フルフェンダー付き、フロントバスケットを標準装備した実用性に優れたアーバンバイクです。
この仕様で6万円台とお買得価格です。
店頭にもう一台在庫ございますので気になる方はご来店ください。

Wilier Monte4

イタリアの老舗ブランド Wilier(ウィリエール)の Monte4(モンテ クワトロ)を納車させていただきました。
周りの友人がスポーツバイクを始められて「自分も頑張ってみるか!」と意を決され、初めの一台としてMonte4を選んでいただきました。
アルミフレームのモンテグラッパシリーズで最軽量のフレームで完成車重量は8kg台を示します。
非力な初級者サイクリストでもその軽さを生かしてヒルクライムを楽しむことができるでしょう。
まだ慣れないビンディングペダルに、念のためにクリートアダプターを装着させていただき、暫くはフラットペダル仕様で乗り込まれる予定です。
N中様 ありがとうございます。
乗り慣れられ、ビンディングシューズにステップアップされる際はご相談ください。

SCOTT ADDICT RC スペシャルカラー

少し前ですが、SCOTT ADDICT RCのスペシャルカラー エステバン・チャベスモデルを納車させていただきました。巷にあふれるシックなカラーと違い、メタリックブルーとシルバーに塗り分けられた車体は、南米コロンビアの陽気な選手 エステバン・チャベスを連想させるカラフルでポップな印象です。軽くてポップな色合いとは相反してフレーム本体はHMX SLカーボンを使ったモデル「Addict RC Ultimate」と同じで、SCOTTの最高上位モデルになります。フレームセットからのご依頼でしたので、各コンポーネントを組み付ける前にフレームに Glass coat を施工させていただきました。

最先端のワイヤールーティングで全てのケーブルがハンドル&フレームの内部を通る構造になっています。組み付けるのは骨が折れますが、やりがいがありますね。
主要コンポーネントはDURA Di2。 そして、幾つかオーナー様拘りの部品をチョイス。

ブレーキローターはハードブレーキング時の音鳴り解消と全天候的に信頼性を併せ持つ RT-MT900 をチョイス。 極めつけの拘りは GRX のSTレバー
ズレや滑りを防止する反り立ったブラケットヘッド形状と
従来よりも高いブレーキレバー軸に手にすっぽり馴染むブレーキレバ形状です。足回りはFulucramのRacing ZEROとコンチネンタルGP5000  28C を履かせていただきました。Y本様  遠方よりご来店、ご依頼ありがとうございます。
ご一緒に走れる日を楽しみにしております。

Wilier Montegrappa

全世界的に部品の供給と自転車の生産が不安定ななか、日本国内も在庫が少ない状態が続いています。あとどのくらい今の混乱が続くのでしょうか。。。不安ですね。

それでも、新しく自転車に乗りたい、買い換えたいとご来店いただくお客様は多く、思った車種がご提案できないことは寂しいことです。
なんとか近日中に入荷するモンや国内に在庫がある車種を選びだし、お客様のご要望に応えてゆくのが当店の務めだと感じております。

週末のロングツーリングから毎日の通勤までオールマイティーに活用できる、サイクリストの冒険心をくすぐるアルミディスクロードバイク『Wilier  Montegrappa(モンテグラッパ)』を納車させていただきました。標準で700×28Cタイヤが装着されておりますが、フレームのクリアランスは十分に確保されており、32Cのブロックパターンのタイヤに換装するとグラベルロード、シクロクロッサーとしても活躍できる潜在能力を有するフレームの作りになっています。

ディスクブレーキキャリパーはワイヤーの引きをキャリパー側で油圧式に変換するHTR製のハイブリッド ハイドロリック ディスクブレーキシステムを採用。 確実で信頼性の高い制動力を発揮してくれます。

アルミフレームながらコンフォートな乗り心地を生み出すために扁平加工されたシートステイ&超変形加工されたチェーンステイ
週末のロングツーリングから毎日の通勤までオールマイティーに活用できるお勧めの一車種です。
サイズは限られていますが、まだ在庫が確保できそうですので気になる方はどうぞご相談ください。

近所で楽しむ グラベルロード

グラベル(砂利道)を楽しめる自転車が入荷してきました。タフなオフロードを楽しむMTBとは違って、気の向くままに近所の隠れた横道、知らぬ道を短時間走るだけでも満足度が高いことが、グラベルロードの最大の魅力でだと思います。 このGT GRADE ALLOY Expert はフレームに多くのダボ穴が用意されており、キャリアやフェンダーを気軽に取り付けることができます。
キャリアやパニアバッグを装着して肩肘張らずに旅(ロングライド)に出かかるのも良いかもしれません。GT GRADE ALLOY Expert  販売価格:173,800円(税込み)

CNC CAGE NEO METALLIC

レザインのCNC加工を施した、美しいアルミボトルケージが入荷してきました。

流線形のボディはボトルをしっかりホールドし、もちろんボトルの取り外しもスムーズにできます。そしてこの虹色(玉虫色)に輝く美しさ!

オイルスリックカラーが美しいNEO METALLIC カラーです!貴方の愛車のドレスアップにいかがでしょうか?
・LEZYNE  ボトルケージ  CNC CAGE NEO METALLIC  販売価格:5,280円(税込み)

 

エアロを追求

レーサーから人気の高いベロトーゼの商品に新たなラインナップが加わりました。先ずは新色が追加されたエアロソックス
足首から上部に空力に優れたストライプ生地を使用し、端を切りっぱなしのデザインとすることで凹凸を抑えエアロ効果を高めているほか、内側にはグリッパーも配され、ずり下がりを防止しています。足先にはCOOLMAX素材を混紡しており、ドライな履き心地を長時間維持してくれる。手にピタリとフィットするタイトめな作りと、伸縮性に富んだ生地によって心地
よい着用感。
エアロソックス 販売価格:4,730円(税込み)


次はエアログローブ
ダイレクトな握り心地を追求した薄手のレース向けグローブながら、小指球
の部分にはゲルパッドも配され路面からの振動を軽減してくれます。ドット状の細かいグリッパーや着脱に役立つ手首&指の間のプルタブも装備です。
エアログローブ 販売価格:4,730円(税込み)


そして、従来からあるシューズカバーがアップデートされました。
つま先や靴底部に厚みを持たせることで耐久性を向上させ、破れにくくなって新登場です。
底には脱着が容易になるようにイージースナップが設けられました。
これで煩わしく気を遣う脱着から解放されますね。

ベロトーゼ トールシューズカバー  販売価格:3,520円(税込み)

Wilier “FILANTE SLR”

イタリアの老舗メーカー ウィリエールが放つ最新のエアロ軽量ロードバイク『FILANTE SLR』を納車させていただきました。

コロナ禍において国内在庫が希薄ななか、フレームを本国から取り寄せ日本でアッセンブルして販売しているウィリエール正規代理店の尽力により、何とかお客様の手元に届けることができました。
薄いなで肩形状のフロントフォークとシートステイはフレームより横に広く張り出して空気の流れを淀みなく後方に導くことに成功しています。
コックピットは軽量と剛性、エアロダイナミックスを兼ね備えた Zero バー を採用して、ケーブル類の内装化と相まってすっきりした外観に収まっています。
エアロロードをうたいながら意外にすっきりしたBB周辺の作り。ブレーキローターは軽量化と制動力を十分に保てる140mmローターを前後に採用。

特筆なのはホイールを固定するスルーアクスルの形状
VAVICが開発した Speed release を採用しています。これにより不意のトラブルに見舞われても従来のクイックレリース式と比べてそん色なく用意に前輪、後輪をフレームより取り外すことが可能になっています。取り外したホイールより Speed releaseアクスルを抜かずに済むので紛失の危険性もありません。

乗り心地はフラッグシップ エアロロードにありがちな高剛性ということは全くなく程よくマイルドで、アップダウンのある山道を走ってもエアロ性能と軽量性もあいまり、思った以上に高速クルージングできるとのお客様の言葉をいただいています。

エアロと軽量性を高次元で融合させたウィリエールの新世代オールラウンドエアロレーサー、FILANTE SLR
W辺様 ありがとうございます。ショップ練へのご参加お待ちしています。

唯一無二のフレーム内装 サスペンション

先月、SCOTTより世界で初めての革新的な技術を搭載したMTBが発表されましたね。
新型SPARK RC
この新型 SPARK RC 最大の特徴は、サスペンションのロングストローク化、そしてリアサスペンションをフレーム内部に配置するという画期的なデザインを実現したことです。
年々高速化するMTBレースシーンと、ハードな地形に対応するためにSCOTTの技術者が今持ち合わせる技術の粋を結集して造り上げた究極のMTBと言って過言ではないでしょう。よりレーシーな  SPARC RC とトレイルライドも楽しめる SPARK を同時にリリースしました。

SPARK RC のラインナップは4モデル
・SPARK RC WORLDCUP AXS
・SPARK RC TEAM ISSUE AXS
・SPARK RC TEAM
・SPARK RC COMP
SPARK のラインナップは4モデル
・SPARK 910
・SPARK 950
・SPARK 960
・SPARK 970

世界で最も速く、最軽量。そして圧倒的に楽しい SPARK RCSPARK はそんなバイクに仕上がっています。
9月までは全世界的に詳細情報公開は控えられていますが、ご来店いただければ可能な情報はお伝え出来ます。
そして、2021年7月23日(金)までにご予約いただければ早期特典をお付けします。
唯一無二のフレーム内装 サスペンションをご検討ください。

 “SHIMANO CONNECT Lab”

世界に衝撃を与えたパイオニアのペダリングモニターセンサーが、2020年3月末をもってサービスを終了しました。それに伴い、サイクリング関連の資産をシマノに譲渡したことにより技術とサービスの継続をシマノが行うことになっったのはご存知のことだと思います。

そして、2021年6月30日より “SHIMANO CONNECT Lab” の解析アプリがリリースされました。
早速私もアカウントを開設してみました。

先ず、パイオニアのシクロスフィアをお使いだった方はシクロスフィアにログインします。

『Cyclo-sphereから移設の方はこちら』をクリックStep1~Step4を確認して『閉じる』をクリック【個人情報の移転に関するプライバシー通知】に目を通し『同意する』をクリック今まで使っていたCyclo-sphereにログイン

『SHIMANO  ID  を新規登録してログイン』をクリック “SHIMANO CONNECT Lab” 用に必要項目を入力して『送信』をクリック全てが完了すると下のような “SHIMANO CONNECT Lab”の画面が表示されます。
本来ならば以上のような手順で “SHIMANO CONNECT Lab” アカウントを作成すれば、Cyclo-sphereからデータの移行が自動でなされるようですが、
現時点ではアクセス集中などが原因で、アップロードした走行データの解析に失敗する、もしくは、データ処理に非常に時間がかかる事象が確認されてるようです。
7月6日現在でも症状はあまり改善されていません。

もう少しスムーズにSHIMANO CONNECT Labが利用できるのは先になりそうですね。

とは言え、パワーに関する様々なデータが表示可能でカスタマイズも容易なようです。
今後の本格的運用が楽しみです。