BONT BONT BONT

オーストラリア発のスポーツシューズブランド BONT を納品させていただきました。
 BONT
は他社とは異なる製作方法を採用しています。他社製品のほとんどは既成の靴底に既成のアッパーを糊で合わせて作られており、結果として二つの異なるパーツでできていて、履き心地に一体感を損なっています。 BONT  では内側から外へ向かってシューズを造り上げていきます。各部がエポキシ樹脂を使ってラミネートされ、モノコック構造、つまり外皮にも応力を受け持たせることで強度を高める一体成型になっているのです。

手に持つと靴底もさることながらつま先、ヒールの剛性の高さ に驚かれることでしょう。木靴と言っても差支えが無いような硬さです。しかし、この BONT が優れているのはカスタムフィットが可能なこと。熱を加えると特殊樹脂の部分が柔らかくなりご自身の足にオーダーメードのごとくフィトします。しかも具合が悪いと感じたら、何度も熱成形が可能なのです。その剛性とは相反するように軽量に仕上げられています。
高剛性で軽量、オーダー品のようなフィティング感。ダイレクトな履き心地が無駄なく貴方のパワーをペダルに伝達します。
どうぞ、お試しください。
https://bont.jp/

Kanzo A 入荷しました

自転車競技を国技とするベルギーで誕生したRIDLEY(リドレー)
m
平日は通勤や通学に使用し、週末は思い思いにサイクリングを楽しむことができる。ときにはシクロクロスなどのレースイベントにも。

汎用性が高く、マルチパーパスに使える一台。それが RIDLEY の Kanzo A です。RIDLEY Kanzo A 販売価格:210,000円(税別)
扁平させ湾曲したテーパー形状のトップチューブは ヘッド回りの剛性と振動吸収性を高めることに貢献してます。油圧ディスクブレーキは気象条件に関係なく安定した制動力を発揮します。
フロントフォークやフレームにマウントを装着できるようにネジ穴があり、フェンダーやキャリアを取り付けることが可能です。
ハンドルは下側に若干広がる末広がりのフレア形状。
オフロード時の暴れるハンドリングを抑え込むのを手助けしてくれます。

RIDLEY Kanzo A 販売価格:210,000円(税別)

師走にもかかわらず

2020年最後の月、せわしない師走にもかかわらず多くの納車、納品をいただき誠にありがとうございます。全てはご紹介できませんが

2021年モデル発表直後の9月にご注文いただきましたが、納期が伸びに伸びて12月までお待ちいただきました。MERIDA RIDE80   H田様 ありがとうございます。 ランニングを頑張られている方が冬場のクロスとレーニングのためにご購入いただきました。GUSTO RCR DURO TL H本様 ありがとうございます。
ご一緒に走る日を楽しみにしております。 通勤用に快適で乗り心地が良く安心できる自転車をお探しでしたので、グラベル系の FELT BROAM をご紹介させていただきました。N原様 ありがとうございます。
通勤以外でもぜひロングライドを気ままにお楽しみください。 もともと別のブランドのフレームをご用命いただいていましたが、昨今の状況で生産が伸びに伸び、あまりにもご迷惑をおかけするのでご相談させていただき MERIDA REACTO 8000 FRAME SETに変更いただきました。
ポジションが固まるまではハンドルは仮付けですが、ポジションが決まられたらご来店いただきフレームに適したエアロハンドルに換装される予定です。
N川様 ありがとうございます。

2021モデルとして Wilier が投入したフラッグシップモデル:ゼロSLRのテクノロジーを継ぎこんだ新世代のゼロシリーズ Wilier Zero SL を納車させていただきました。
本来ワイヤー式のシフトチェンジ仕様をご要望でしたが、こちらの諸事情により 電動シフトのアルテグラDi2 で組ませていただきました。
K原様 ありがとうございます。

春先にかけては全世界的な自転車需要の増加と生産体制の遅延が重なり、スポーツバイクをお求めのお客様にはご迷惑をおかけすることが多いと思われますが、クロスロードバイシクル 可能な限りご要望にお応えできるようにご対応とご提案をさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

SCALE eRIDE 試乗車 整いました

近年、欧米で急速に広がりを見せているE-BIKE(電動アシスト自転車)市場。
日本においてもリクリエーションや自転車イベントで使用されることも多くなってきました。
ただ、一般的には数十年前から存在しているいわゆるママチャリ風の電動自転車を目にすることはあっても本格的なE-BIKEに触れる機会は未だ少ないと感じています。
いったい、どんな乗り心地なのだろう?
その走行フィーリングや巡行速度、走行距離は?
そんなE=BIKEを気になってらっしゃる方々に、当店では SCOTTのE-BIKE 「SCALE eRIDE」を準備いたしました。大まかな特徴 スペックとして
本格マウンテンフィールドからアーバンユースまで。幅広く活躍可能なハードテイルバイク
・Fサスペンションは120mmトラベルと十分な容量を持ち、あらゆるオフロードシーンに対応
・BOSCH製ドライブユニットの最新モデル「Active Line Plus」を採用
・ECOモードにて100~110km、TURBOモードにて40~50km走行可

いかがでしょうか、SCOTTのE-BIKE 「SCALE eRIDE」店頭に準備しておりますのでご興味がある方はお気軽にお問合せ下さい。

日頃よりの感謝を込めて年末決算セール、キャンペーンを行います。

★店頭在庫の自転車ご購入の方に販売価格の5%の商品券を進呈
2020、12月 12日(土曜)~ 27日(日曜)迄

例)販売価格:100,000円 ⇒ 5,000円商品券 進呈★オーバーホールキャンペーン
特典洗車プレミアムコースサービス、チェーンオイル進呈
洗車プレミアムコースとはフレーム、ドライブトレイン、ホイールのクリーニング &注油とガ ラス系コート、ワックス 5,000円相当

バーレーン・マクラーレン カラー

日本人として唯一、新城幸也が所属するUCIワールドチームが使用するオールラウンドセミエアロレーシングバイク、SCULTURA(スクルトゥラー)。
そのレーシングバイクと同じカラーリングを施したバーレン・マクラーレンカラーモデルを続けて納車させていただきました。 この状況下で納期が大幅に遅れることも予想されましたが、なんとかお客様をそれほどお待たせすることなくお渡しできました。

シマノ製油圧ディスクブレーキと後輪には放熱性を高めるためのDISC COOLERを採用しています。新たに採用されたダイレクトハンガーが、よりダイレクトで確りしたシフトチェンジを約束してくれます。サドルの下には便利な小物入れが標準装備。必要不可欠なツールを収納することができます。FLEX STAY シートステー、チェーンステーの形状を扁平化することで、路面からの衝撃を吸収して快適性を向上させるマイクロサスペンションテクノロジー。2021年モデルとして発表されたこのバーレーン・マクラーレンカラーですが、来シーズンからマクラーレンがスポンサーを終了することからこのレプリカカラーは今、限りとなる可能性が非常に高くなっております。採用されているオレンジ色がマクラーレンの企業カラーであることから。ある意味この色鮮やかなバーレーン・マクラーレンカラーは希少価値が高くなる買いモデルかもしれません。
I上様、O曲様 ありがとうございます。
ご一緒にサイクリングできるときを楽しみにしております。

Wilier(ウィリエール)試乗会開催します

2020年のグランツール(ジロ、ツール・ド・フランス、ヴエルタ)において輝かしい戦績を刻んだイタリアの老舗ブランド、Wilier Triestina(ウィリエール トリエスティーナ)の試乗会を国内の総代理店 服部産業様のご協力を得まして大々的に開催します。

Wilier 試乗会
日時:11月21日(土曜日)10時頃より~
場所:クロスロードバイシクル駐車場

予定されている車種は

ゼロ SLR スパークリングブルー S
ツールで活躍した軽量オールラウンドフラッグシップ

フィランテ SLR  レッド M NEWモデル
ディスクエアロロードの旗艦モデル

ゼロ SL マットブラック/レッド M NEWモデル
ゼロSLRの技術を導入した次世代モデル

チェント10 SL  マットブラック/レッド M NEWモデル
価格を抑えながらCento 10 Proの技術を導入したDiscモデル

ゼロ9 LTD  マットブラック S
60Tカーボンを採用したオールラウンドモデル 日本限定

チェント1 NDR マットブラック S
ダイレクトマウントキャリパーブレーキ&Discブレーキに対応したレーシングバイク

チェント1 NDR  マットブルー XS
ダイレクトマウントキャリパーブレーキ&Discブレーキに対応したレーシングバイク

ガスタルデッロ フィレット  マットブラック/ラマート S
フルカーボンフォークを採用したスチールフレーム

モンテ4  マットブラック/ホワイト M
モンテグラッパシリーズ最軽量のアルミロードバイク 日本限定

モンテ4  マットブラック/イエロー XS
モンテグラッパシリーズ最軽量のアルミロードバイク 日本限定新しいモデルも含め、これほど多くの Wilier を試乗できるチャンスはめったに有りません。どなたでも試乗できますのでご都合をつけられぜひご来場ください。

グスト RCR DURO、RANGER DISC

「フラッグシップ以外は必要ない」というポリシーを持つGUSTO(グスト)
フラッグシップ以外は造らないことで、余計な開発コストが掛からず、搭載するコンポーネントを変更することでお客様の要望に応えるラインナップを可能にしています。
そんな GUSTO(グスト)の最高のエンデューロモデル RCR DURO を納車させていただきました。フレーム形状を特殊な弓型減衰設計にすることで安定性と快適性を最大限に引き出すことに成功してます。ストレートに見えるフロントフォークも微妙な曲線に作られ乗り心地の向上に寄与しています。チェーンステイ裏に記されたNNEGRAの文字
世界で最も軽量な繊維素材の一つ INNEGRA繊維はカーボンなど他の素材の強度を高める働きをします。強くて軽量、高い衝撃吸収性を持つため、自動車産業、航空産業からスーツケースや保護材まで幅広く活用されており、不快な振動を削減しつつも高い耐衝撃性、耐ダメージ性能を実現しています。
U田様 ありがとうございます。ロングライドのみならず、7.3kgと軽量仕上げですので上りでも威力を発揮することを請け負います。


RANGER DISC
モデルチェンジを極力行わないGUSTOですが、2021年に向けて新たなモデルを開発投入してきました。その名は RANGER DISC。
選手からの要望に応えたレーシングDISCモデル。Ljubljana・GUSTO・Santicが実戦に使用するフラッグシップモデル「Team」フレー ムをベースに改良したディスクモデルです。基本設計はそのまま残しつつ、「剛性・反応速度」をより高めたレーシングモデルへと生まれ変わる。商品開発には2018年台湾チャンピオンでもあるPeng Yuantang選手(スプリンター)がテストプレイヤーとして携わっています。 もちろんフロントフォークはTeam Disc同様の非対称形状を採用し”高速域でのフロントブレーキ使用時によるハンドルの微妙な振れ”を改善。

今年は全世界的に生産が不安定で、GUSTOはデリバリーを安定させるために一部のモデルを廃番扱いすることを決定しています。
特にキャリパーブレーキの RCR Team は早々に 生産終了 のアナウンスがあっています。気になっているモデルがあるようでしたら早めに問合せいただくことをお勧めします。