限定 保冷缶ホルダー

ありそうでなかった、THERMOSの限定商品が入荷してきました。
THERMOS 保冷缶ホルダー 販売価格:2,700円(税込)透明の飲み口をつければタンブラーとしても利用可能!ホットドリンクもOKです!信頼のTHERMOS! 真空断熱構造だから飲み頃温度をキープ。驚きの保冷効果があります。
そして、350mlの缶をそのまま挿入でき、自転車のボトルケージにスッポリと収まります。
路面からの振動で不用意に飛び出ないように内側に突起物が設けてあります。
考えられてますねー!
ご自宅でタンブラーとして使うのもよし、保冷用としてもよし、もちろん自動車でドライブ中やアウトドアでも大活躍しそうですね。
限定品、数が少ないですが入荷しております。この夏の一つのアイテムとしてどうぞ!

ホイールの選択

完組ホイールは良くも悪くも完成されたホイールで、購入後直ぐに自転車に取り付けて楽しむことができます。
しかし、愛車(自転車)にコダワリを持っている方は予め準備された仕様のホイールでは満足されない場合が多々あります。そんな違いを求めるコダワリのサイクリストに打って付けなのが手組のホイールです。ご予算や使い方、見た目をご自分の思うように(可能な限り)カスタマイズできます。
今回はDT SWISS のRR411リムとDURA-ACE9000系ハブSAPIM CX-RAY BKの仕様で組ませていただきました。スポークの方はカラーの統一感を持たせるためにCX-RAYに付属している黒色スポークとさせていただいてます。スポークテンションメーター、センターゲージ、振れ取台を用い誤差が生じないように細心の注意をはらい形にしてゆきます。 どこまで数値を追い求めれるのか、ホイールを組み上げるビルダーの腕の見せ所ですね。
格闘すること数時間、ふ~(汗) 出来上がったホイールは

アルミリムながら1500gを重量に仕上がることができました。同じようなホイールでもハブを別のモノに替えたり、スポークをプレーンタイプにすることによりホイールの重量はほぼ変わらず(少し軽量になる)7万円台で組み上げることも可能です。また逆もしかり。要であるハブをもっと拘りの部品をチョイスされると20万円台にもなったりします。完全に他とは被らない自分オリジナルの仕様にもなるのです。
愛車(自転車)にコダワリを持っているサイクリストの方、手組ホイールという選択肢はいかがでしょうか。

KYLE3 IGNITE(カイル3イグナイト)

まだ新しいブランドながら次々と新技術を投入し、常に新しいアイデアとともにニューモデルを発表し続ける SACRA-CyclingKYLE3 IGNITE(カイル3イグナイト)を納品させていただきました。

SACRAオリジナルのミスリルハブ。ワイドフランジとカーボンエアロスポークとの組み合わせで、駆動時のスポークのたわみを低減させスポークをハブに対してほぼ垂直に配置し、2:1組みで駆動剛性と横剛性を実現させています。
自慢のリムは高弾性カーボンを使用。カーボンリムの剛性も耐熱性も下げることなく軽量化を実現。リム幅を28mmへスーパーワイド化したことにより軽量化しつつも高い横剛性を合わせ持つています。 KYLE3 IGNITE(カイル3イグナイト)実測値重量はな、なんと 1,029g

愛車の車体の色に映えるようにロゴもカスタマイズさせていただきました。
〇永様 ありがとうございます。
来るべきヒルクライムイベントへ向けて練習にも熱が入られることと存じます。
上位入賞されることを期待しています。

KYLE3 IGNITE(カイル3イグナイト)TU:280,800円(税込)

BLIZ(ブリス)FUSION(フュージョン)

今、話題のアイウェアーブランド、BLIZ(ブリス)の新作モデル FUSION(フュージョン)、と従来から人気のMATRIX(マトリックス)サングラスが入荷してきました。
このBLIZ は2007年秋にスタートした新しいブランドながら、特にスウェーデン、ノルウェーなどで大きなシェアを獲得しています。その品質の良さ、デザイン性から非常に短期間で、BLIZブランドはイメージを確立しており、スポーツ愛好家やトップアスリートの間で非常に高い評価を受けいます。

今回の新作モデルFUSIONはフレームの下側半分を着脱可能とした「ジョウボーン」テクノロジーが大きな特徴で、標準装備のものと色違いのパーツも付属するため好みに合わせたカラーカスタムが可能です。フルリムタイプとすることで顔面の保護に役立つ他、ハーフリムとして使用できるノーズパーツも同梱されるため、気分に合わせてスタイルを切り替えることができます。
様々なスポーツシーンにベストマッチなアイウェア BLIZ(ブリス)いかがでしょうか?

BLIZ FUSION 販売価格:19,440円(税込)
BLIZ MATRIX 販売価格:16,200円(税込)

GrandPrix 5000 TL

遅ればせながら今年刷新され、新たに追加されたコンチネンタルのチューブレスタイヤ Continental GrandPrix 5000 TL(25C)を使い始めました。
今までGrandPrix 4000 S II を使っていたのですが中々擦り減らないので今頃になった次第です。

先ず、気になる重量を測ってみますと
GrandPrix 5000 TL(25C) が301g チューブが無い分エアを保持するためにタイヤ自体を肉厚にする必要があるため重量自体は少し重めです。
一方、従来通りチューブが必要なGrandPrix 5000 (25C)の重量は
218g。その差83gはちょっと重めのチューブの重量と言ったところでしょうか。ホイールへの装着具合は少し硬めですが指と掌を使い装着することができました。
ビードも手押しのフロアポンプですんなりと上げることができた次第です。
嵌めやすさはタイヤとホイールの相性があると思います。 
さて、乗り心地の方ですが、漕ぎだしの軽さは・・・?
重量が増すので正直軽いとは言えません。しかし一旦転がり出すと乗り心地、コーナーでのグリップ、安心感は非常に優れたものを感じます。
今回は空気圧を6barで試したのですが、メーカーの推奨を確認するともっと低い5.5barになっていました。空気圧を調整しながらもっと乗り込みインプレをしていきたいと思います。

Continental GrandPrix 5000 TL 販売価格:10,584円(税込)

YOTSUBA 24

当店には珍しくキッズ向けの自転車を納車させていただきました。
ヨツバサイクルの『YOTSUBA24』です。成長真っ只中のキッズでも長く乗り続けられる低床設計に加え、どんなコンディションでも安定した制動力が得られるディスクブレーキを採用。また、標準規格を取り入れたパーツアッセンブルによりアップグレードに対応。別売のサスペンションや変速機を取り付けることで、お子様の成長に合わせてヨツバサイクルも成長(アップグレード)します。
キッズ向けとは言え組立は大人用と何一つ変わりません。
キャリパー取り付けの要、取り付け面の面出しとローターの歪み調整。 ホイールの振れも注意深く取って
子供の小さい握力でも確実に動作するようにワイヤーにもテフロングリスを塗布 小さい掌でも確りブレーキできるようにアジャスター機能が付いています。
大きくなって変速機が必要になった場合でも安心。ディレイラーハンガー、ワイヤー受けがフレームに標準装備。フリーホイールにも多段ギアが組み込める構造になっています。
K元様 ありがとうございます。
お父様と元気に外を走られる様が目に浮かびます。
YOTSUBA24 販売価格:49,680円(税込)

GUSTO

今年のツアーオブジャパンでも存在感を示した『リュブリャナ・グスト・サンティック』が駆るGUSTOの展示会がありましたので行ってきました。
一番の注目はツアーオブジャパンの会場でも話題をさらったこちらのモデルでしょう。
RCR Team Limited DISC(TL DB)販売価格:328,00円(税別)
実はこのモデルは未だチームに供給されてなく、ツアーオブジャパンの会場では『リュブリャナ・グスト・サンティック』の監督が来期ウチのチームが乗るバイクだな!と写真をパチパチ撮っていたという話です。
基本的にGUSTOのメインになるフレームは2種類しかないのですが、このTL DBモデルはフレーム形状は同じでもディスクブレーキシステムなのでそれに合わせフレーム設計になっています。強力なディスクブレーキによるフレームの歪みを軽減するために各部剛性の最適化しないといけません。カーボンの積層はもとより、ぱっと見てリムブレーキモデルとの違いが分かるのは右フロントフォークに設けられた凹みでしょう。黒とゴールドのペイントに沿って凹みが見受けられます。これによりブレーキを掛けた時のフロントフォークの捻じれを左右均一にすることに成功したそうです。
そして特徴的であるスルーアクスル前後輪を固定するのはもちろんスルーアクスル。それを回転させる工具がアクスルの中に内蔵されています。アイデアですね。

他にディスクブレーキシステムを採用したモデルは RCR Team Sport DISC(TS DB)も発表されました。販売価格:238,00円(税別)
こちらはホイールとコンポーネントをワンランク落としてとても手に届きやすい価格に設定してあります。

従来からのモデル(グレード)も一部仕様を変えて再構成されています。
RCR TEAM Edition Legend 
販売価格:298,00円(税別)

RCR Team DURO Limited(DURO TL)販売価格:クリンチャー278,000(税別)チューブラー268,000(税別)

お店に次期モデルの簡易的パンフレットがあり、気になるモデルの入荷時期もお伝えできますのでどうぞご来店、お問い合わせください。

Giro d’Italia 2019 記念ボトル

数量限定の「Giro d’Italia 2019」の記念ボトルが入荷してきました。
特徴は100周年記念大会で新たにデザインされたロゴマークが大きくデザインされ、エリート独自のデジタルプリンティングと呼ばれる高精細で滑らかな色調が特徴のプリンティング技術を採用したボトルです。ベースとなるFLYボトルは、無臭で柔らかく耐久性のあるプラスティック素材を使用し、耐久性があり、世界中で最も軽いスポーツボトルで複数のワールドプロチームもレースで採用しています。
 
FLY ジロ デ イタリア 2019 550ml(限定商品)
カラー:GIRO CLEAR(ジロクリア)容 量:550ml
価格:¥864(税込)
 
FLY ジロ デ イタリア 2019 750ml(限定商品)
カラー:GIRO WHITE(ジロホワイト)容 量:750ml
価格:¥1,037(税込)

Giro d’Italia 2019は休息日、今後のマリアローザ奪取へ向けての展開が楽しみですね。

REACT TEAM-E

中学生の頃より応援しているトライアスロンを頑張っている選手に納車させていただきました。
以前から比べたら身長が15cm以上も伸びたので、これまでのフレームが小さくなりステム長やサドル高を変更しても対応しきれなくなったからです。

今回、選びに選び、チョイスさせていただいたのはMERIDA REACTO TEAM-Eのフレームセット。今まで使っていた機材より使えるコンポーネントを乗せ換えての納車でした。MERIDAのREACTO TEAM-Eはバーレーンメリダサイクリングチームが主力機材として使用する最新鋭のエアロロードバイクフレームです。風洞実験で実証された空力性能を持つワイドスタンスのエアロフォークにダイレクトマウントブレーキを採用したMERIDA 史上最も優れた快適性、軽量化にも遜色のないオールラウンドのエアロフレームです。ニュージーランドの高校に通うT花君、昨年ハード過ぎるトレーニングを行ったせいか、腰痛の症状を訴えられたので、お渡しする時は限りなくハンドル位置を高く設定しました。状態が改善してくると本来のポジションに落ち着いて来ることでしょう。
半年後、高校を卒業して帰国して来る日が楽しみです。
また一回りも二回りもたくましくなって帰って来ることでしょう。
T花様 ありがとうございました。

夏に向けてボトルキャンペーン

陽射しが途端に強くなってきました。
これから蒸し暑くなる前に、夏に必須のボトルのキャンペーンをおこないます。
期間:4月20日~5月6日まで
・もれなくメダリスト顆粒プレゼント!
・一部のボトル10% OFF

そして、それに合わせて新しくなったCAMELBAKの「ポディウム」シリーズボトルが入荷してまいりました。既に幾つか売れてしまいましたが。。。
 新たにモデルチェンジしたポディウムボトルの特長は

◆におわない
本体は TRUTASTE ポリプロピレン+ハイドロガード加工を施し、素材の臭いもちろんの事、ドリンクの臭い移りも殆どありません。

◆硬くない
ポリプロピレンでできた本体は柔らかく、軽い握力で変形させられるので、セルフシーリングジェットバルブとの組み合わせで簡単にドリンクが飲めます。

◆噛まなくていい、ロック解除不要
セルフシーリングジェットバルブは、普段は弁が閉じた状態でドリンクの漏れを防ぎます。本体を握るか、バルブを軽く吸えば簡単に弁が開き、ドリンクが出てきます。

◆ケージからの抜き差しが簡単
ボトルの形状を一新し、様々な形・メーカーのボトルケージとの組み合わせにおいて従来製品を上回る着脱性を実現しました。

一番画期的なのは蓋の部分が完全に分解できるところです!
これで構造が複雑で汚れやすかったバルブの部分も心行くまでキレイにすることができます!