写真で振り返る壱岐サイクルフェスティバル②

壱岐サイクルフェスティバルは30kmと50kmの参加種目がある。
30kmは年齢別のカテゴリーが設けられており、初めて参戦する選手には打って付けだ。
今回一緒に遠征した皆さんは初めての方も多く、30kmを中心にエントリーされていた。30kmのスタート地点は宿泊先から15kmほど北に位置しているのでレースのため公道が封鎖(規制)される前に移動する必要がある。30km出場の皆を見送り、私達も準備を始める。
お気をつけて、無事に帰ってきてください。

メイン会場、50kmのスタート地点に着くと既に一般の選手が大勢押し寄せていた。
私達は選手登録でのカテゴリーなので列の前方に並ぶことができる。出走申告にサインを済ませウォームアップへ向かう。
今年はハンディーカメラを持参していなかったのでレース中の写真は撮れなかった。
結果は先日報告したように不本意な結果となってしまった。

ゴール地点の閉会式会場で30kmを走った皆の帰還を待つ。
少しづつ情報が入ってきた。
なんと、今回一緒に遠征した二人が見事表彰台に上る結果を示してくれた!
一緒にショップ練で練習したので自分の事のように嬉しい。

EX-30 U-39  EX-30 U-19
そして、私達セレクシオン南九州はエリート50kmの部門で表彰台には上れなかったのですが、上位3人の合計タイムで競うチーム団体戦で何とか3位に食い込むことができました。
平均年齢が高いチームではありますが、少しは存在感を示せたのでは思っています。
ロードレースはある意味危険と隣合わせのスポーツでもあります。
振る舞いによっては自分が加害者になったり、被害者になったり、時には大怪我を負うことも考えられます。
レースにおいて無事にゴールすることが第一条件です。
ではどうしたら怪我をせず、事故に遭わずに無事にゴールすることができるのでしょうか?
ただ単に速く走るだけが全てではありません。
安全に走行させるコツ、バランス力、自転車を操るスキル、先の路面を予測する力、集団を俯瞰できる感覚等々必要なところです。
ショップ練では時に比較的安全が保てる公道で、そういったコツと言ったものをお伝えしたり、体験したりしていただいてます。
どうでしょうか、安全に楽しくサイクルスポーツを一緒に楽しんでみませんか?

ASO Cycle Tourism Map

阿蘇サイクルツーリズム学校、コギダスよりサイクリングマップが配布されました。

日本語に加え、国際的な観光客に対応できるように英語、フランス語、中国語(繁体)、中国語(簡体)、韓国語と準備されています。
店頭に置いております。どうぞお手に取りお持ち帰りくださいね。

阿蘇の大自然や文化財を自転車で満喫!
Explore and enjoy Aso’s nature and cultural properties by bicycle!
Profiter de la grande nature et du patrimoine d’Aso.

写真で振り返る壱岐サイクルフェスティバル①

壱岐サイクルフェスティバルの様子を少ない手持ちの写真で振り返ってみたいと思います。

今年の(も)壱岐へのフェリーは強風で波が高かったせいもありかなり揺れが酷く、軽い船酔いになる。
2時間近くの乗船の後、ようやく壱岐、印通寺港へ入港。
壱岐島へは自転車は輪行せずともフェリーに直接乗せることができる。この日のために特設(?)された自転車用ロープに数百台のロードバイクが整然と掛けられている。
下船とともにすがすがしい島の空気が身体を包み込む。
島の人の笑顔や旅館のスタッフの笑顔に乗船の疲れも吹き飛ぶ。
昨年に引きつづき今年もお世話になった旅館、太公望さん。送迎や大変美味しい料理でおもてなしをしていただく。チェックインを済ませ、それぞれ試走や受付へ向かう。明日のレース本番は雨天かもしれないので初めての参加者はなおさら慎重にコース確認が必要だ。試走開始。風が強く、時より突風が吹き自転車が揺らされる。
明日の本番も風が強かったら・・・
スタート直後の上りを確認した後にゴール、受付がある大谷体育館へ向かう。ここで出走受付と検車がある。

私のクラス、エリート50km(実業団登録)は大会スタッフによる検車が直接行われる。自転車の重量は規定以内か、各部品の取り付けは確実に行われているか、規定内範囲に収まっているのか。
受付が終わり旅館に戻ると既に宿泊客の多くが宿に入っていた。
倉庫にはずらりと豪華なバイクが明日の出番を静かに待っている。

さあ、私達も生気を養い明日に備えよう!
参加皆さんの健闘と安全を願い、カンパーイ!

第30回 壱岐サイクルフェスティバル

土曜、日曜とお休みをいただいて第30回 壱岐サイクルフェスティバルへ参戦してきました。
今回は練習仲間やお客様の総勢14名の参加でさながら年齢幅が広い修学旅行のようで賑やかな遠征となりました。
レースの結果は
エリート50km(登録クラス)でトップから6分遅れの総合で26位の不本意な結果に終わってしまいました。調整不足と言うより、大きなスパンでの調子を上げれなかったのが敗因ですね。データ的に8割ほどのパワーしか出せてませんでした。残念です。
コンディショニングは非常に難しいですね。

先ずはご報告まで

自由気ままに

MERIDAが2018年モデルとして先進的なモデルとして世に送り出したフィリーダムマシーン、SILEX(サイレックス)9000 を納車させていただきました。
今までにない自転車の可能性を広げるこのSILEXは個人的にも非常に気になっていたモデルであり組み上げる時からワクワクが止まりませんでした。(笑SILEXは今までにない設計思想で、ロードバイクでもない、シクロクロスバイクでもない、MTBでもないカテゴリーの新設計、新ジャンルのバイクです。
気の向くままに行きたい方向に向かって時間を気にせずに走ることの素晴らしさ。言葉にはできません。そんなライディングを楽しみたいならSILEXこそが最高の相棒になります。MERIDA史上、もっとも多目的で快適性に優れた自転車で、最新のMTBにインスパイアーされたジオメトリーを採用しています。ロングトップチューブとショートステムの組み合わせは、軽快で信頼できるハンドリングを約束してくれます。シンプルさを追求したフロントシングルのドライブトレイン。軽量化を実現し、稼働部品を少なくすることで不意なトラブルを防いでくれます。フロントは42T、リアが10-42Tの組み合わせで十分なワイドレンジを確保してくれます。

700×35Cのタイヤが標準装備されてますが、タイヤクリアランスは44mmまで対応しています。 しかも、2.2インチ幅の650Bホイールも装着可能なのです。
もちろん幅の狭いタイヤに換装すれば、よりスポーティーなライディングにも対応できます。
前後とも12mmのスルーアクスルを採用することでフレーム剛性を高めつつ、ホイール脱着時のアライメントの取りやすさも実現してます。
そして、フレームに装着されたフラットマウントのリアブレーキは制動性能だけでなく外部からの衝撃からキャリパーを守る役目も果たしています。放熱性能を高めるCNC加工された冷却フィンが目を引きますね。
最適に設計されたジオメトリーにより、バートップを持って走ってもライダーの荷重は分散されて、掌に大きな圧力が掛かりにくい仕様で快適です。
多目的で多様性こそがこのSILEXの開発目標。フレームバッグや大型のサドルバッグが装着可能な設計により、ツーリングの荷物も走りを妨げずに収納できます。
ツーリングバイク、トレーニングバイク、そして天気が思わしくない時の通勤バイクと言った多用途に使える新しいジャンルのバイク、それがSILEXです。
S藤様 ありがとうございます。
乗りなれたならツーリングはもとより、気軽にショップ練などにご参加ください。

二日連続の

久々に二日連続のショップ練でした。
土曜日は超初級者対象のコース。8名ご参加いただき平坦コース30kmをのんびりのんびりと2時間半ほど走ってきました。

そして、昨日、日曜日は中級者コース、60kmで獲得標高が1000mほどとかなりハードなコース。壱岐サイクルフェスティバルに出場される方を中心に15名ほどでガンガンと走り倒してきました。 皆さん、調子が良さそうです。
足の差こそありますが全員元気にショップへ戻って来られ、ショップ練後のお茶タイムを楽しんでいただきました。
さあ、次の日曜は壱岐サイクルフェスティバルです。
天気が微妙ですが楽しんで悔いなく走り切られることでしょう。

※6月9日(土曜)、10日(日曜)は壱岐サイクルフェスティバル出場のためお休みいたします。

写真で振り返る 2018年5月 SDA in 王滝③

ゴールするまでレースは何があるか分からない。
ひょっとした、まだ何人か抜けるかもしれない。一人でも前の選手を捕らえるためにペースをキープしながらゴールを目指した。

結果
走行時間4時間52分 総合21位ほぼ最後尾からスタートして800人以上抜いてはいるが、
結果は両手を上げて喜べるものではなかった。しかし、ゴールした瞬間は無事に帰ってこれたという安堵感と嬉しさに包まれた。
それは上位、下位の選手かかわらず同じだろう。周りを見回すと、先にゴールしている選手達も一応に弾けた笑顔をしている。

SDA in 王滝、競っている最中はもちろんレースなのでお互いライバルだ。勝つか負けるかの勝負。
一方、走っている選手たちはこの王滝の大自然と戦っているという共通の価値観をお互い持っている。レースでは結果を出せた選手がおり、結果を出せなかった選手もいる。でも、選手は一様に全員苦しみ自分と王滝のコースと戦いながら走り切ったのは同じだ。
ある意味、走り切った者、全員が勝者と言ってもよい。

レース後、選手の顔を見ただけで同じモノを戦い、くぐり抜けてきたことが分かる。そういった意味で理解し合えるのに言葉は要らない。

レース後、香港から参加のKenが友達と駆け寄ってきた。
今回カテゴリーは違ったがSS100の3人も良きライバルであり、友人でもある。
閉会後、旅館に戻り友人Kevinが持参した地ビールでお互いの健闘をたたえ合う。

今回は同じ宿に2015年24時間MTBレース女性世界チャンピオンのSonya loony、世界を駆け巡り戦うプロMTBレーサー池田選手も滞在されていた。
そして2018年5月王滝、日本人最高位の宮津選手も。
一つの事に夢中になり無事に走り終えた安堵感と充足感が程よい疲労感とともに同じ空間に漂っていた。
至福の一時。
だからSDA in 王滝は止められない。

写真で振り返る 2018年5月 SDA in 王滝②

レースの幕は切って落とされた。
昨年の上位入賞者や強豪選手は当然のように先頭に陣取りスタートしている。後ろに800人以上の大集団を従えて。Photo by:Sayako Ikeda

号砲が鳴り、2、3分経過して列が徐々に動き出した。
ガレた林道に突入するアスファルト区間で少しでも順位を上げておきたい。道いっぱいに広がる選手達を縫うように先へ先へ急いでゆく。しかし、進めど、進めど先頭は見えない。

アスファルト区間からいよいよ本格的な林道に突入した。
まだ大集団の中に居る。さながらラッシュアワーの通勤電車のような混み具合だ。
各選手は走力、走破力もまばらで足をつく者、砂利にハンドルを取られ転倒する者。
こ、これは・・・(大汗

早くこの混雑した大集団の中から脱出しなければと、ハンドルや肩を選手に当てながらも先を急いだ。
30分ほど上りとカオスな集団と格闘していると少しずつ目の前が開けてきた。
ようやく本来の走りができる。写真を撮る余裕もできてきた。
今回はコース変更があっているので、以前のタイムはあまり当てにならない。速いのか?遅いのか?自分の感覚だけが頼りだ。
今までの経験では終盤に脚が終わる感覚があったので抑え目に、慎重に走り距離を伸ばしてゆく。王滝のコース、最奥のダム湖を回ってゆく。折り返し地点だ。
もうこの頃は前にも後ろにも選手が居らず、一人淡々と走っていたのだが、目の前に5,6人の集団を捕らえたのでペースを上げて抜いて行った。
いったい全体、後何人抜けばいいのか・・・

小集団を抜きざま、一人の選手が追走して来たので訊いてみた。
「先頭は後、何人ぐらいでしょうか?」
「20人ぐらい先に居ますよ!」後、20人か・・・総合上位に絡むのは無理かもしれない。
弱気な心が芽生えたが少しでも前に、前にと追走して来た選手と抜きつ抜かれつを繰り返しゴールに向かって二人でハイペースを刻んでいった。

つづく

写真で振り返る 2018年5月 SDA in 王滝①

SDA in 王滝の結果は先日お伝えしましたが、写真でゆっくり振り返ってみたいと思います。
日曜日に長野県王滝村で開催されるSDA in 王滝に出場するために、土曜の早朝から車で移動。その最中にニュースが飛び込んできた。
どうやら今年の王滝のコースは変更される可能性があると。詳細、地図は纏めているのでしばらく待ってくださいと。
何で今頃、と思いもしたが主催者の判断なので仕方がない。王滝に近づいてくるとワクワク、緊張が高まって来る。奥に見える山が霊山、御岳山。

会場の松原スポーツ公園に到着。既に競技説明とウェルカムパーティーが始まっていた。
会場に張り出されていた掲示板を確認すると、従来より半分ほど変更されたコース図が提示されてた。前の豪雨の景況で林道の寸断箇所が幾つもあり、前日まで復旧に取り組んでみたが完全復旧は難しく泣く泣くコースを変更した旨の案内があった。

いつものコースなら獲得標高、コースプロファイル、走行タイム等、確固とした目標値があるのだが全く新しいコースとなるとそれが無い。
加えて、いつも競い合う強敵手がシングルスピードと言う別のカテゴリーで出走する。競いたい相手、目標タイムが不明瞭になりモチベーションが下がってゆくのが感じられた。

レース当日
何か自分のモチベーションを高めるため、以前からやってみたかった事を実現することにした。
それは最後尾からどこまで順位を上げれるかの挑戦!
いつもなら朝4時半のスタート場所取り解禁のため早く会場入りするのだが、今回は最後尾出走なのでのんびりと朝食を摂り5時過ぎに会場へ入る。
既に目の前にはどこまでも続くMTBの列が出来上がっていた。
定刻の6時にスタートの合図が鳴らされる。はるか彼方で最前列の選手達が脱兎のようにスタートしていった。
未だこちらは身動き一つしない。
前列でスタートを順を待つ800人以上のMTBライダー
さあ、どこまで追い上げることができるのか?
友人と硬い握手を交わしおもむろにペダルに力を込めた。
つづく

2018年5月 SDA in 王滝結果

2018年5月 SDA in 王滝 無事走り終えてきました。
総合21位、年齢別で5位と言う、ほろ苦い結果になってしまいました。
色々とイレギュラーな事がありましたが、それも含めて全て王滝です。 今回も色々な出会いと思い出があふれかえっています。
少しづつ王滝の魅力を皆様にご案内して良ければと思います。お楽しみください。