RIDLEY Noah Disc

自転車競技を国技とするベルギーで1997年に誕生したブランド、RIDLEY(リドレー)。数々の栄冠と実績を勝ち取った本場のロードバイク。
その中でも RIDLEY 史上最速のオールラウンドエアロロード Noah Fast Disc を納車させていただきました。構成部品類が全世界的に品薄ななか、代理店が提案するBike Craft を利用して何とか組み付ける主要部品を取り揃えることができました。RIDLEYの研究開発エンジニアが今もっているテクノロジーを全てつぎ込み新たに構築したこのNoah Fastの技術の一端をご紹介するとF-Steerer & Cockpit

ケーブルをフル内蔵するF-Steererと専用コックピットの採用によりケーブル類は完全内蔵化を実現。コックピット周りで発生する空気抵抗を低減し、ハンドリング性能を向上しました。

F-Surface Plusヘッドチューブ、ダウンチューブ、フロントフォーク、シートポスト、コラムスペーサーに設けたF-Surface Plusは整流効果のある小さな乱気流を生み、チューブ表面に沿って気流を整えることで空気抵抗を最小限に抑えます。

F-Wings
フォーク先端のF-wingsはホイール回転時に発生するフォークブレード周りの乱気流を抑えます。

F-Tubing
目に見えないフレーム材料の特徴としては、弾性の異なる 50T/40T/30T HMカーボンを適材適所にレイアップして、フレーム、フォーク、コックピットなどを専用設計することで、前モデルと比較して250gもの軽量化を達成しました。
今回のオーナー様には
パワーメーター内蔵のシマノ FC-R9100-P をクランクにインストールさせていただきました。

28Cのチューブレスタイヤと合わせて乗り心地も申し分なく、
イーブンペースで楽しむロングライドからレースイベントまで幅広く楽しめる一台にしあっがったこと間違いありません。S塚様 ありがとうございました。
開発に携わったグライペル(プロ選手)のごとく力強いライディングを楽しまれることでしょう。

限界を見極めろ

当店においても数年前よりディスクブレーキを装着したロードバイクの納車割合が増えてきています。

1年半月ぶりにロードバイクの点検にいらしたお客様で『これは、ヤバかった!』という状態の方がおられたのでご紹介です。

ディスクブレーキをご使用の方々、ブレーキパッドの消耗は気にされているでしょうが、ディスクローターの消耗はどうでしょうか?
日頃より点検されていますか?

シマノのマニュアルにも
ディスクブレーキローターの厚みが1.5 mm以下の場合は使用しないでください。アルミ面が出てきた状態(上位機種は3層構造になっている)でも使用しないでください。ディスクブレーキローターが破損して転倒し、重傷を負う可能性があります。
と記述があります。上位モデルのディスクローターは放熱が高いアイステクノロジーの構造になっており、熱伝導が高いアルミ材の表面に耐久性を持たせるためにステンレス材を張り付けてあります。右が新品のローター、左が使われ過ぎたローターです。
使われていたローターの裏面を確認すると。。。
今にも中のアルミ材が見えてくるほどに消耗していました。

気になるそのローターの厚さは指でなぞっても段差が容易に確認でき、ノギスで測定すると1.5mmを切るほどでした。
シマノのローターは新品の状態で1.8mmの厚さがあります。
(各社で若干ローターの厚さは違ってきます)

表面のステンレス板が削れてしまって、内部のアルミ材だけでハードブレーキを掛けてしまったらどうでしょう。。。
強度が低いアルミ材故に。。。

今回のお客様はブレーキパッドの消耗限界を超えた状態で使用されていたので、ローターへの攻撃が通常より増したものだと考えられます。
しかしながら、ブレーキパッドも消耗品ながら長い目で見るとローターも消耗品の類です。
ディスクブレーキ車をご使用の方で気になる方はお付き合いがある専門店へご相談ください。
手遅れになる前に!

初めての一台が

ここ数か月は全世界的に部品や完成車の供給が不安定で、国内在庫もかなり厳しく、思うようにスポーツバイクを選ぶことが難しい状況です。
その中で、店頭にこれは!というモノがあれば儲けものです。生活の足としても使え、趣味としても有意義に使えるスポーツバイクを考えられているお客様に、店頭在庫のなかから意に適ったロードバイクをお選びいただきました。
エディー・メルクスからマルコ・パンターにまで乗っていたイタリアのブランド
ARRERA(カレラ)のVELENO(ヴェレーノ)を納車させていただきました。
初めての本格的スポーツバイクということでしたので、最初からビンディングペダルは。。。と思われていましたがこちらの Cleat Adapter をご提案させていただきました。
シューズに取り付けるためのクリートをこのアダプターを取り付けて、ビンディングペダルに装着するとフラットペダルと同様に使うことができる優れものです。 踏み面が広くなり、滑り止めの突起が付いているので普段のスニーカーでも安心して踏み込むことができます。

S見様 ありがとうございます。
Cleat Adapter を早々に卒業され、次のステップへ進まれることを楽しみにしております。

大切な愛車は末永く

ヒルクライムを頑張ってらっしゃるお客様が、

愛車が酷いことになっている。。とご相談を受けてお預かり、修理させていただきました。左側シートステイの赤丸部分がその箇所です。
ぱっと見はわかり辛いですが、目を凝らしてみてみると痛みは思った以上に深刻なようでした。お預かりして、フレーム単体にバラし 専門修理業者 に見積り依頼してみると、予想以上の高額な修理費用に修理は諦められるかもしれない。。とご連絡すると、
即答で修理します!とご回答をいただきました。

そして、待つこと数日間
破損した箇所がどこだか分からないほど綺麗に再生されて戻ってきました。
何とか 今年一番の目標とされるレース に間に合って安心しました。

このコロナ禍においても今のところ開催されるようです。
納得いかれる成績の報告を期待しております。

洗車de募金

先のセキアヒルズMTB2時間耐久の会場にて行わせていただいた「洗車de募金」の収益の半額を熊本城災害復旧支援金として納めさせていただきましたので、ご報告いたします。 秋の大会会場でも洗車de募金をおこないますので、皆様ご依頼のほど、宜しくお願いいたします。

MERIDA SCULTURA

コロナ禍のなか、世界的な需要の増加に生産体制が追い付かず車種選びにおいて、お客様にはご不便をおかけすることが多いところですが、奇跡的に気に入った車種をお選びいただき、納車することができました。

ビギナーから世界で戦うプロレーサーまで、あらゆる要望に応えうるラインナップを誇るMERIDA(メリダ)の自転車。
軽さを求めるキャリパーブレーキから過酷なコンディションでも安定したブレーキ性能を発揮するディスクブレーキモデルを取り揃えております。
SCULTURA RIM 4000
バーレーン マクラーレンカラーのモデルをご購入いただきました。
他のブランドには見られない ヴィヴィットなカラーに一目惚れされたようです。
T高様 ありがとうございます。
少し遠方でしょうが、愛車でご来店される日を楽しみにしております。

SCULTURA DISC 4000Shimano油圧ディスクブレーキとCF2カーボンフレームを採用したオールラウンドバイク。軽さもさることながらタイトな下りの高速コーナーでも余裕のアドバンテッジをもってライディングできます。
K賀様 ありがとうございます。
心配になるほど既に乗り込まれているようです。
コロナ禍が落ち着いたらショップライドにもお越しください。

セキアヒルズカップ 2021 春大会

日曜日はセキアヒルズカップMTB2時間耐久 の スタッフと レース後の『洗車de募金』のために午前中頑張ってきました。
このコロナ禍において無事に開催できたことに安堵と喜びを感じました。

今回のコースはいつもとは逆回り(時計周り)のコースレイアウトでスタートは急きょ決まったル・マン式でした。ル・マン式とはスタートエリアに自転車を予め配置して、離れた場所より選手はスタートして駆け寄り、自分の自転車に跨りレースを開始する方法です。 初めての試みながらも皆さんおおむね好評(?)のようで、わいわい言いながら皆さん森の中のコースへ消えていかれました。 きついながらも楽しんで走られている選手の皆さんを見ていると応援するばかりでなく、走りたくなりますね。
レース後は『洗車de募金』を開催し、多くの台数のご依頼をいただきました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
次は秋の大会、コロナを気にすることなく早く元気一杯やれることを願っております。

エアロロードのフロントランナー

今年のツール・ド・フランスで台風の目、優勝の最有力候補とされるチーム、ユンボ・ヴィズマ。
そのチームが採用するエアロロードのフロントランナー『Cervelo S5 Disc』を納車させていただきました。

ダウンチューブ、シートチューブ、フロントフォーク、フレーム各部は極限まで空力を追求するためにタイヤとの乱気流を抑えるギリギリの設計になっています。そしてひときわ目を引くのが、他車に類を見ないY型の専用ステム。エアロダイナミックスの向上に大きく貢献している。
その内部構造も独特で複雑でありながらも後々のメンテナンスを考えた作りになっています。
もちろんシートクランプはインテグレーテッドデザイン、隙のない仕様です。
N石様 ありがとうございます。

ご一緒に走れる日を楽しみにしています。

春の吉無田マウンテンバイクフェスタ2021

春の吉無田マウンテンバイクフェスタ2021 に参戦してきました。この大会は一日のうちに100分、200分の耐久レース、ダウンヒル、キッズレースが開催される九州では最大級のMTBイベントです。
メーカーの試乗車ブースや小さな飲食店が出店が出店されて一日中楽しむことができます。
私が参戦したのは200分の耐久レース。限られた時間でどれだけ周回できるかを競うレースです。
思い返すと最近はロードバイクばかりで、MTBでの練習不足は明ら。どうなるか不安でした。
しかし、走り出してみると思いのほか足が回り、ペースが速い100分のライダーにぴたっとくっ付き周回を重ねているといつの間にか、
トップを走っており、なんとか200分を走り切り表彰台の真ん中に立つことができました。

主催者の方々はこのコロナ禍の中でイベントを開催していただき、走る楽しむ場所を提供してくださり感謝に堪えません。
ありがとうございました。

BIKE FITとは

一般的に言われるフィティングサービスとは
ライダーの身体に自転車を合わせ、ストレス無くより快適にライディングができるようになることを目的としたサービスです。
新しく手に入れられたDiscブレーキタイプのロードバイクと従来より乗られているロードバイクの2台を合わせてフィティングサービスのご依頼をいただきました。

フィティング(調整)する箇所は サドル高、サドル前後位置、サドル向き、クリート前後位置、クリートローテション、足の傾き、左右脚長、スタンス、ステム長、ハンドル上下、ブラケット向き等々、多岐に及びます。

2台続けてのフィティング作業ですので4時間超の時間を要し、思った以上に集中力を要しました。

実はフィティングの後の項目がとても重要です。
当店のフィティングはポジションを導き出した後のレクチャーに特徴、重きを置いています。
完全にストレスが無い理想的なポジションが導き出せたとしても、それを操るライダーの動きに問題が有ったら導き出されたポジションも台無しです。
どのようにペダリングしたら良いのか、どの身体部位を使ってペダリングした方が効率的なのか、使うべき筋肉を使えるようにする幾つもの基礎ドリル。
フィティングの後にそのようなレクチャーを合わせて提供しております。個人的にはフィティング作業よりもこちらが重要とも考えております。

T川様、来るべき目標とされるレースで納得できる成績を期待しております。