手間を加えて

納車ラッシュが続いていますが、
お客様のカスタマイズや、お子様へのデビューへの一台を準備させていただく等、手間を惜しまず作業させていただいてます。

MTBレースが来月、再来月と続いてきます。本番に向けて少しでも不安要素は取り除いておきたいもの。特に下りを安全に思う存分楽しむにはブレーキ系のグレードアップは必須です。DSC07276フロントは対向4ピストンで強力なストッピングパワーとコントロール性を合わせ持った SAINTDSC07277 DSC07284リアはリーズナブルな価格ながら上位機種と同程度の性能を示す XT をインストール。DSC07282 DSC07285ワイヤー式のブレーキと違い、
ハイドローリック・ディスクブレーキはブリーディングと言われるオイル注入エア抜き作業が肝になってきます。オイルの中にエアが混入しているとブレーキレバーがスカスカになりブレーキの効きが弱いばかりか、全く効かないことさえあります。それが走行中に突然発生したりすると・・・
当店はブリーディングのための専用機材や専用オイル(DOT、ミネラルオイル)を準備して入念に作業しております。安心してお任せください。

ナゴミ カレーロード

サイクリング中に最も合う昼食と言えば『カレー』ですよね! キッパリ!(笑

お客様からこういう地図をいただきました。
ナゴミ カレーロード
DSC07263
どういった理由かは定かでありませんが、
人口の割合からして非常にカレー店が多い地域、和水町のカレーロードマップです。な、なんとその数18店!
裏面にはオーナー達の熱い思いと紹介が掲載されてます。DSC07259

サイクリングの途中に寄るのも良し、そこを目的地に足を伸ばしてみるのも良し。
スパイスが効いた楽しいサイクリングになることでしょう。

さて、最初に全店制覇するのは誰だ!?

九チャレ 2017 レースレポート

反省するほど走ってませんが・・・
九州チャレンジロードレース 2017(A-M)のレポートです。

先日ご報告しましたように、落車することで一瞬で終わってしまいました。
大会に向け、年が明けてから準備をしてきたので非常に残念です。

今年のコースに向け先ず取り組んだことは激坂区間への対応。年末ごろに今大会で使われる激坂区間の距離、勾配データを入手し、それを参考にして近隣で似たような坂を見つけ出し、週2回ほど朝練で模擬的トレーニングを積んできました。
幸い練習中間には恵まれている(?)ので自分の力の足りなさを毎回痛感し、本番に向け仕上げてゆくことができたと感じてました。

レース スタート1時間前からチームメイトと共に、十分にウォーミングアップを繰り返す。
DSC02808

スタート地点では先頭2列目に位置取り、キーマンになるであろうチーム ギンリンの選手の真後ろに陣取る。レース中は有力選手を見逃さない、重要な局面では前に上がることを心に留めスタート。IMGP8074 IMGP8084
先頭付近で橋を渡り下り区間に差し掛かる。去年のゴール地点から奥の橋に向かう平坦区間で学生達がグループで前方に出て速度を上げ始めた。それに反応するように慌てて動き出す数名の選手達。
「ここで前を争っても意味ないよな~」と高を括りちょっと後方へ下がり気味になった。
そこにできた少しの空きスペース。
誰かがそこへ侵入しハンドルが接触。
声を上げる間もなくアスファルトに倒れていました。
酷い擦過傷ではありますが骨折等の大事には至らなかったので吉と思うしかありません。

レースは危険でもあり大怪我につながる事も有り得ます。自分で危険を察知して対応していくことも求められます。
ただ単に一所懸命走って走力を上げるだけでなく、時には集団内でどのように振る舞うか、行動するかという練習を取り入れていかなければならないなと、つくづく思いました。

レースの方はチームメイトが7位に滑り込み、最低限のチームの存在感は示せたのではないかと思います。IMGP8165IMGP8185さぁ、次のレースへ向けて気持ちを切り替えてゆきます!

九州チャレンジサイクルロードレース 2017

九州チャレンジサイクルロードレース 2017に参戦してきました。
私が出走したのは A-Mクラス(35歳以上)
このクラスは A-Uクラス(19~22歳)と同時スタートで、スター後は集団が非常に活発でした。
そして、スタートして3分後、選手の
挙動が乱れ、ハンドルが接触、転倒。
リタイアとなってしまいました。DSC_6867
ヘルメットが割れ、左半分が酷い擦過傷ではありますが骨折等の大事には至らなかったので吉と思うしかありません。
ロードレースは難しいですね。次のレースへ向けまた調整してゆきます。

AsoBo Aso あそぼ あそ 第三号

九州有数の観光地・熊本県阿蘇を自転車で駆け巡るフリーペーパー『あそぼ あそ』の第三号が配布されてきました。
今回はアチコチから湧き出す 阿蘇の美しい水をめぐる 湧水特集です。
友人や知人も紙面を賑わせております。
第一号、第二号と転倒にございますので、まだお持ちでない方はどうぞ手に取り、お持ち帰りください。
DSC_6861Webマガジン「コギダス」もコンテンツが充実してきてます。
サイクリストのみならず観光客においても、阿蘇を楽しむ貴重な情報が満載です。
情報発信マガジン コギダス⇒ http://kogidasu.jp/

それぞれが気持ちよく

SHIM0012皆さんイベント疲れもあったと思いますが、多くご参加いただき13名で山鹿方面の起伏のあるコースを走ってきました。
春まっさかり、花粉症も辛い季節?走りだしは冷たく感じますが、直ぐに体も温まり朝の陽ざしを浴びて気持ちよく走ることができます。

当店の走行会(ショップ練)は走力の合う方でグループを作っていただき走ってもらいます。少しゆっくり走りたい方や、走力に自信のない方は先に出発していただき、休憩地点で皆さん合流できるように工夫しております。
お互いが気持ちよく走れ、他の参加者を待つ時間を極力少なくするようにしております。初級者対象と告知している時は基本的にのんびり走り、グループから逸れるようなライダーが無いようにしております。SHIM0040初級者対象であってもガッツリ走りたい方は後方からのグループに混ざっていただくと少し強度も高く走れたりします。
もちろん途中の休憩地点で自分の走力の合うグループに変更していただいてもかまいません。
出来るだけ皆様が気持ちよく走れ工夫いたしますので、お気軽にご参加ください。SHIM0037

2017 テクニカルセミナー

2017 SHIMANO テクニカルセミナーに行ってまいりました。
既に数セット納品させていただいているR9150(デュラエース Di2)
ですが、幾つか調整、設定で分からないところがありましたので、直接技術営業に確認できてすっきり解決することができ安心。DSC07009また発売が待たれるR9170(油圧ロードDi2) とR9100パワーメーターも現物を確認できました。DSC07004 DSC07006巷ではマイナーチェンジ?と揶揄されているR9100シリーズですが、
説明を聞いてみるとフルモデルチェンジと言ってもいいと納得できる内容でした。

よりスムーズに、よりトルクフルに、よりストレスフリーになったR9100シリーズを試してみたらいかがでしょうか?

チームアテンダント講習会

昨今、自転車競技は益々盛んになり、多くのチームやいろいろなレベルの選手が大会に参加してきつつあります。
より質の高い大会や、チームのスムーズな運営を促すための人員の養成をかねてチーム・アテンダントの資格習得に行ってまいりました。
今後は日本自転車競技連盟や加盟団体が認める競技に出場するチームに関与するものはチームアテンダントの資格が必要になってくるようです。
mudai午前、午後と講習を受け、最後に筆記のテストがありました。
なんとか無事に合格証書を受け取ることができ、ほっとしています。

その競技の規則をより理解しておけば、その競技をもっと楽しむことができると感じた次第です。

展示会をかけまわる

お休みをいただき、東京で開催された第二回サイクルパーツ合同展示会へ行ってまいりました。
メーカーや種類が圧倒的に多い自転車部品類。それは日々進化し続けています。
情報収集と勉強は欠かせないところです。九州ではまず有り得ない130社も出店する展示会でしたので急きょ足を運んできました。
DSC06988

DSC_6842

DSC06961 DSC06965 DSC06972DSC06971DSC06966DSC06958DSC06957

DSC_6877

DSC_6874

もう一つ、近くで偶然にもこちらの展示会が開催されていましたので、訪れてみました。

DSC_6852

DSC06979 DSC06976 DSC06960

DSC_6853
二日間とも数多くの部品、商品群に振れ、それぞれの営業の方と直接話ができ大変勉強になりました。ここで得た情報をお客様に還元していけたらと思っています。

Ritchey ROAD LOGIC

1970年代、一流のロード選手でありながら優れたフレームビルダーが居た。
トム・リッチー、彼はロードバイクのフレームを作り始めて以来、多くの革新的なモノを作り出してきた。DSC06826
今はカーボンフレーム全盛だが、スティールフレームの独特の乗り味とそのスタイルが見直し出されている。
長年のトム・リッチーのスティールフレームの製造技術の粋を具現化したモダンクラッシクと称されるフレームがある。DSC06930Ritchey  ROAD LOGIC
熱処理されたトリプルバテッドチューブ。見た目を損なうことないオーバーサイズヘッド形状を実現。28Cのタイヤサイズをセティングできるフレームクリアランスがあり、高速ライドからグラベルライドまで快適に走ることができる。DSC06935DSC06934
剛性と機敏な反応性を備えたリッチースピリット溢れるフレームを納めさせていただきました。
Ritchey  ROAD LOGICDSC06932DSC06924
T木様 ありがとうございます。