2017 テクニカルセミナー

2017 SHIMANO テクニカルセミナーに行ってまいりました。
既に数セット納品させていただいているR9150(デュラエース Di2)
ですが、幾つか調整、設定で分からないところがありましたので、直接技術営業に確認できてすっきり解決することができ安心。DSC07009また発売が待たれるR9170(油圧ロードDi2) とR9100パワーメーターも現物を確認できました。DSC07004 DSC07006巷ではマイナーチェンジ?と揶揄されているR9100シリーズですが、
説明を聞いてみるとフルモデルチェンジと言ってもいいと納得できる内容でした。

よりスムーズに、よりトルクフルに、よりストレスフリーになったR9100シリーズを試してみたらいかがでしょうか?

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

3月12日(日曜)はショップ練をおこないます。
◆12日(日曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~
・走行距離:60㎞程度(三加和~山鹿~菊水方面の平坦路)
お気軽にご参加ください。
予定コースは こちら になります。

チームアテンダント講習会

昨今、自転車競技は益々盛んになり、多くのチームやいろいろなレベルの選手が大会に参加してきつつあります。
より質の高い大会や、チームのスムーズな運営を促すための人員の養成をかねてチーム・アテンダントの資格習得に行ってまいりました。
今後は日本自転車競技連盟や加盟団体が認める競技に出場するチームに関与するものはチームアテンダントの資格が必要になってくるようです。
mudai午前、午後と講習を受け、最後に筆記のテストがありました。
なんとか無事に合格証書を受け取ることができ、ほっとしています。

その競技の規則をより理解しておけば、その競技をもっと楽しむことができると感じた次第です。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

3月4日(土曜)はショップ練をおこないます。
◆4日(土曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~
・走行距離:60㎞程度(長洲~玉名~方面の平坦路)
春風に吹かれながらサイクリング。お気軽にご参加ください。

3月5日(日曜)は講習会のためお休みします。
◆5日(日曜)日本自転車競技連盟
     公認チーム・アテンダント資格習得講習会のため
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

展示会をかけまわる

お休みをいただき、東京で開催された第二回サイクルパーツ合同展示会へ行ってまいりました。
メーカーや種類が圧倒的に多い自転車部品類。それは日々進化し続けています。
情報収集と勉強は欠かせないところです。九州ではまず有り得ない130社も出店する展示会でしたので急きょ足を運んできました。
DSC06988

DSC_6842

DSC06961 DSC06965 DSC06972DSC06971DSC06966DSC06958DSC06957

DSC_6877

DSC_6874

もう一つ、近くで偶然にもこちらの展示会が開催されていましたので、訪れてみました。

DSC_6852

DSC06979 DSC06976 DSC06960

DSC_6853
二日間とも数多くの部品、商品群に振れ、それぞれの営業の方と直接話ができ大変勉強になりました。ここで得た情報をお客様に還元していけたらと思っています。

Ritchey ROAD LOGIC

1970年代、一流のロード選手でありながら優れたフレームビルダーが居た。
トム・リッチー、彼はロードバイクのフレームを作り始めて以来、多くの革新的なモノを作り出してきた。DSC06826
今はカーボンフレーム全盛だが、スティールフレームの独特の乗り味とそのスタイルが見直し出されている。
長年のトム・リッチーのスティールフレームの製造技術の粋を具現化したモダンクラッシクと称されるフレームがある。DSC06930Ritchey  ROAD LOGIC
熱処理されたトリプルバテッドチューブ。見た目を損なうことないオーバーサイズヘッド形状を実現。28Cのタイヤサイズをセティングできるフレームクリアランスがあり、高速ライドからグラベルライドまで快適に走ることができる。DSC06935DSC06934
剛性と機敏な反応性を備えたリッチースピリット溢れるフレームを納めさせていただきました。
Ritchey  ROAD LOGICDSC06932DSC06924
T木様 ありがとうございます。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

3月2日(木曜)は展示会のためお休みします。
◆2
日(木曜)第2回サイクルパーツ合同展示会のためお休み
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

3月4日(土曜)はショップ練をおこないます。
◆4日(土曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会
・対象者:初級者~
・走行距離:60㎞程度(長洲~玉名~方面の平坦路)
春風に吹かれながらサイクリング。お気軽にご参加ください。

なにか持っている男?

先日はお休みをいただいて『九州シクロクロス 第4戦アイランドシティー』へ参戦してきました。DSC06910今シーズンから始まったシクロクロス競技のシリーズ戦の最終戦です。
シクロクロスは競技のレベルに合わせC3(初級者)、C2(中級者)、C1(上級者)とカテゴリーが別れています。競技時間も30分~60分とレベルに応じて走る時間が決められています。
これにより、それぞれの競技者レベルに見合ったレースが楽しめるようになっています。DSC06888 DSC06895
他に他の自転車競技と大きく違うところは高さ40cmほどの障害板が設置されているところだ。自転車を担いでゆく必要があり、降りる、担ぐ、超える、乗るの動作がライディングのリズムを狂わし、上手い人とそうでない人のタイム差が如実に表れてくる。DSC06855
今シーズンの九州シクロクロスは自己申請でカテゴリー登録できるシステムだったので、私が選んだのはC1のカテゴリー。C3、C2 のカテゴリーは参加人数も多かったのですが、C1になると、なんと9名。1488158849990
ある競技の元日本の代表格選手や現役選手がいて、もそうそうたる顔ぶれで場違いな雰囲気。競技時間は1時間なので最初は様子見で行こうと思ったが、勢いの押されスタート直後からガチなバトルが開始される。16990086_431691277164435_1278844449_o
3、4番手で序盤を進むもコース中頃で後輪に異常が発生。
なんと、パンク!16865075_1256198574457137_7084936625804324283_n
しかし競技は未だ始まったばかり。シクロクロス競技はピットエリアでの機材の交換が認められている。友人に機材提供を頼んでいたのでピットまで進めばパンクした車輪の交換ができ、レースに復帰できる。
後輪に荷重をかけないようにだましだましコースを進む。次々に選手から抜かれ最後尾に。
ピットエリアで急いでホイールを交換。昨今のシクロクロス車は悪条件での信頼性からディスクブレーキ仕様が浸透してきつつあり、類にもれず私のシクロクロス車もディスクブレーキだ。フレームの固定はロードバイクのそれと違い、固定力を増すためにスルーアクスルが採用されている。慣れないスルーアクスルだが思った以上にスムーズに換装することができた。16939266_431384310528465_7561682210598445887_n
さて、今から猛追するぞ!1488158837405
勢いよくコースへ飛び出す。間を開けられているがまだまだ先は長い。絶対追いつけると自分に言い聞かせコースを攻める。攻める。攻める。16990530_1170420069736846_2113338429_o 17036678_431691323831097_193416051_o 1488158795421 1488158811236
プシュ~、またもや後輪に違和感。パンクだ。
今日のレースはなんてついていないレースなんだ!
その後もパンク修理で復帰てコースを攻める、そしてパンクの繰り返し。1レースで4回もパンクに遭ってしまった。
それでも諦めず何とか、どうにか完走。最後までゴールした選手ではもちろん最後尾でした。
しかし走った後は楽しく、何か充足感に満ちたレースでした。17017001_2010255865774107_2664957441956122080_o16806892_431384427195120_5599126331931638473_n
来シーズンも開催される予定ですので、気楽にシクロクロス競技に参加されてみてはいかがでしょうか?
ちなみにC3、C2はMTBでも出走可能です。

※本記事は先頭固定表示になっています。最新記事はスクロールください。

2月25日(土曜)はショップ練をおこないます。
◆25
日(土曜)、当店7時集合~10時終了 ロード走行会  
対象者:初級者~
走行距離:60㎞程度(南関~和水~玉名方面の平坦路)
●●ルートはこちらになります。⇒ショップ練コース

26日(日曜)は九州シクロクロスに参戦のためお休みします。
◆九州シクロクロス 第4戦アイランドシティー
●●大会HP:http://www.kcxmtg.com/island-city

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

イベントへ向けて

3月からいよいよサイクリングイベントが次々と開催されます。
今は最後の乗り込みを行う時期でもあります。
と言うことで昨日はショップ練ロングへ熊本の金峰山方面に9名で走ってきました。

先月までは薄暗かったこの時間帯も、もう十分明るく春の訪れを感じさせます。SHIM0033
北から吹く追い風にのりビュンビュンと飛ばし、思った以上に速く最初の休息地点へ到着。暫く休憩した後は、SHIM0035いよいよ上りの開始です。おおよそ20分程度の緩急のある上りです。
上りはパワーウェイトレシオが如実に表れますので、それぞれのペースでじっくりと上りました。
SHIM0040金峰山周辺は熊本市内からアクセスしやすい位置関係にあるので、多くのライダーとすれ違いました。SHIM0042途中パンクがありながらも(パンクしたのは私ですが・・・)大牟田市へ入る最後の峠に皆で向かう。SHIM0050最後は足がヘロヘロの方もいましたが、本番に向け良い足慣らしができたライドになりました。

次のショップ練は土曜(25日)に開催する予定です。ご都合が合う方はどうぞご参加ください。